人気ブログランキング |

タグ:新型インフルエンザ ( 3 ) タグの人気記事

新型インフルエンザから身を守る知っておきたい感染予防策

WEBムービー新型インフルエンザから身を守る知っておきたい感染予防策

企業の新型インフルエンザ対策行動計画はなぜできないか

予てから秋以降に到来する可能性が高いとされていた新型インフルエンザの本格的流行が現実のものになりつつある。従来、「弱毒性」のA型インフルエンザで症状が重篤化するのは妊婦や基礎疾患を有する感染者とされていたが、10月に入って病歴のない年少者の死者も発生しており、国立感染症研究所の推計によれば、感染者数は総人口の30~50%に達するものとされている。

 新型インフルエンザに関する疫学的な考察は筆者の専門とするところではないので、本稿では企業の事業継続計画(BCP)の立場から、新型インフルエンザ対策行動計画の整備が進んでいない理由を考えたい。

 多くの専門家に共通する想定に基づけば、まん延期には「従業員の3割程度が感染」し、「感染者は1週間程度」職場を離れることを余儀なくされ、その状況が連鎖的に「2~3ヶ月間継続」する。これに相当するような企業の事業継続上の危機事象は、事業拠点における大規模地震の発生などごく限られたものしかない(大規模地震でさえ、その直接被害は全国に及ぶものではない)。

 これに対し、多くの企業で実施済みの対応策はマスクや消毒薬の備蓄のような感染予防策までであり、新型インフルエンザの事業影響を詳細に検討し、拡大防止から業務の縮小、回復手順までを備え、社員への浸透と経営意思決定に関わる訓練を実施しているのは一部の危機管理意識の高い企業に限られている。
 筆者が個別にご相談を受けたり、業界団体などでお話した際に得られた、危機管理担当者に共通する課題として経営者の問題意識に関する指摘がある。指摘は大きく3つに分かれる。

  1.毎年流行る病気のややきつめのものに過ぎず、なんとかなると思っている。
  2.どうにもならない問題で、検討しても泥沼化するので取組みを避けている。
  3.国や業界団体、同業他社が「何か」出してくれるのを待っている。

 これらに対する筆者の見解は以下の通りである。

 1.について、もっと目を開いて世界と日本の状況を見るべきである。現状から予想される推移として、今後の世界的なまん延はきわめて確度の高いシナリオであり、「致死率の低い弱毒性」であることは「事業への影響が小さい」ことと同義ではない。この点については、欧州や英国の企業の方が危機意識が高いようである。過去にペストなどの感染症により大きな人的、経済的被害を被った経験によるものかもしれない。日本企業の中にも欧州の取引先からの対応状況の問い合わせで、初めて深刻さを認識したところがある。

 2.について、人的資源が次々に欠落し、それが3割以上にも及ぶ可能性を考えると「手の打ちようがない」という思いにとらわれるのも当然かもしれないが、ダチョウのように砂に頭を埋めても危機が通り過ぎてくれる訳ではない。優先業務を特定し、適切な代行手順や川上・川下との連携を検討しておけば影響を限定することはできる。現実から目をそらすべきではない。

 3.について、どこかの誰かが、自社の事業継続策を示してくれることはない。自社に固有の拠点網や専門性の高い業務スキルを有する人員の配置、川上の調達先や川下の供給先との連携、必要に応じた消費者への情報開示などは自ら考えるほかなく、関係省庁や業界団体が示すガイドライン類はその枠組みを提供しているに過ぎない。他社の計画が自社にそのまま当てはまるはずもない。

 この危機を乗り切れるかどうかは経営者の正しい問題認識と現実的な取組み姿勢にかかっている。

執筆者:古屋 俊輔
先進ビジネス推進センター、安全戦略マネジメントグループリーダ 主席研究員
専門は、リスクマネジメント、安全対策投資戦略、意思決定論など。

ついに、私の勤務先にも新型インフルエンザ患者が出た。
上司になるが約1週間、自宅療養をしていた。事業の方は、いまのところ、調整できる範囲で大丈夫なのだが、これが、社員の30%くらいになると、調整も難しくなることが予想される。

感染した上司に、いろいろ質問してみたところ、
まず、中学生の長男が学級閉鎖になって休んでいた。学級閉鎖後、2日目に発症。
次に、父親に感染、母親に感染、最後に、次男が感染して、家族全滅。
子供が感染しやすいそうだが、そうでもない。
症状は、38度の高熱を、一時、出したらしいが、だいたい、37度台の熱が続いたそうだ。
母親は、気管支が弱いらしく、結構、きつかったらしい。
医者によると、「熱が平熱に下がって、2日すると勤務可能だ」と話し、
「今の時期に感染してよかったですね」と言われたそうだ。
これから、強毒性になることもあるので、そういう意味で、今のうちなら軽い症状で済むということなのだろう。ただ、感染しないことにこしたことはない。

ということで、そこらじゅうに蔓延し始めているようなので、
アルコール消毒やマスク着用はしたほうが、よいと思われます。

医薬品メーカーの方と話していると、アルコール消毒液が生産が追い付かない状態で、
今後、供給があまりできなくなるかもしれないと話していました。
企業での対応は、早めにしたほうがいいです。

17日から映画「仏陀再誕」がはじまります。
新型インフルエンザ対策は、各自で気をつけて鑑賞いたしましょう。

by happyscience | 2009-10-16 03:22

新型インフルエンザ対策 BCP(事業継続計画)策定レポート



最近、政治関係のニュースが注目されるため、新型インフルエンザ関連のニュースは、目立ちません。ただ、ニュースは目立っていなくても、近隣の小中学校では、学級閉鎖になっており、人ごとでなくなってきました。新型インフルエンザは、強毒性ではないために、過敏に反応するのもいかがなものかとは思いますが、万一、感染した場合の対策は、個人および企業として打っておかないといけないでしょう。

ここ最近、BCP(事業継続計画)という言葉をよく耳にするようになりました。これは、アメリカの同時多発テロの際、ワールドトレードセンター内や近隣の企業がBCPを策定していたことから、早期の業務開始ができたことで注目されたものです。

ある意味で、ダム経営のひとつとも言えますが、実際に策定している企業は、大手企業くらいかもしれません。しかしながら、中小こそ手を打っておかないと致命傷になりかねませんので、今日は、エントリーに取り上げました。

新型インフルエンザが蔓延し始めますと、社員の家族や本人が感染し、症状は軽度であっても、出社することができない状況になると思われます。今月の下旬あたりから感染者が増加してくるようですので、企業としてのBCP対策を考えておく必要がありそうです。

以下、役立つレポートと情報センター等を紹介いたします。

BCP最前線 ~第1回 BCPの概要とわが国の状況~
 BCPの概略を把握するのにわかりやすいレポート

中小企業BCP策定運用指針
 この指針は、中小企業へのBCP(緊急時企業存続計画または事業継続計画)の 普及を促進することを目的として、中小企業関係者や有識者の意見を踏まえ、中小企業庁が作成したもの。指針には、中小企業の特性や実状に基づいたBCPの策定及び継続的な運用の具体的方法が、わかりやすく説明されています。基本・中級・上級とBCPが策定できる資料がダウンロードできます。

国立感染症研究所 感染症情報センター
 新型インフルエンザの国内外の発生状況・疫学関連情報等を随時更新しています。

厚生労働者 MHLWchannel(You Tube)
 新型インフルエンザから身を守る知っておきたい感染予防策こちら
 新型インフルエンザの発生に備えるこちら
 秋冬に向けた新型インフルエンザ対策こちら

厚生労働省 新型インフルエンザ対策関連情報

都道府県による新型インフルエンザ相談窓口


発熱などがある場合、相談窓口に連絡して、症状のヒアリングがあります。それによって、一般の病院に行くか、指定の病院に行くか指示がでます。
実際に発熱したときに、夜中でしたが、連絡したところ、いろいろと質問されました。

一部、やりとりを紹介すると、
質「症状はいつぐらいから発症しましたか?熱はどのくらいありますか?」
私「日中は、だるい感じでしたが、寝付いて夜中の1時位に熱が39度でました。」
質「最近、海外渡航されましたか?」
私「新婚旅行以来、10年は行っておりません…(涙)」
質「では、最近、駅周辺など人が多い場所に行ったりしましたか?」
私「○○駅前の街頭演説に応援に行きました!たくさんの応援者が集まっていました!」
質「咳をしているような人が身近にいましたか?」
私「熱のありそうな人ばかりでした。熱気だと思いますが、咳をしている人はいなかったと思います。街頭演説されている人は、声がかれていたような…。演説者の近くにいました。」
質「……。」
私「……。」
質「インフルエンザでは、ないと思われますので、一般の病院を受診して下さい。」
私「どうも。」


それでは、癒しのひと時をどうぞ!



by happyscience | 2009-09-19 01:14

2009ひろしまフラワーフェスティバルで映画『仏陀再誕』の告知

c0190267_22432445.jpg

5月3日から5日まで、2009ひろしまフラワーフェスティバルが広島市の平和記念公園・平和大通りと市内各協賛会場を中心として行われます。幸福の科学のブースも出展し、映画『仏陀再誕』の告知を行います。

毎年、このGWに行われるフラワーフェスティバルの動員数は現在100万人を越え、ゴールデンウィーク中の祭りの中で最大級です。

このフラワーの時は、毎年、暑くて、暑くて、日焼け止め、うちわ、ジュースがむしょうに欲しくなります(笑)。今回の告知方法は、"うちわ作戦"だそうです!これ、結構、いいアイデアで、受け取ってくれますよ。みんな暑い暑いと云いながら、映画『仏陀再誕』のうちわをフリフリ宣伝してくれます。

このフラワーには、世界中から何万人も観にこられるので、世界伝道そのものです。最近は、新型インフルエンザのこと、少しは気にはなりますが、いまのところ、大丈夫でしょう。

2009ひろしまフラワーフェスティバルでの告知の様子は、あす夜にでもアップします。
多くの方が、仏陀再誕の事実に気づかれますよう、お祈りをいただけるとありがたいです。
仏陀再誕の事実を伝えよう!

by happyscience | 2009-05-02 22:39

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る