人気ブログランキング |

2010年 10月 30日 ( 2 )

幸福実現党 金城タツロー 『沖縄県がとるべき政策について』



c0190267_081133.jpg
2010年10月30日(土)
沖縄県石垣市のANAインターコンチネンタル石垣リゾートにて、
沖縄県本部代表代行 金城タツロー氏が沖縄県がとるべき政策について、力強く県民の皆さんに訴えました。

■金城タツロー
http://kinjo-tatsuro.net/


ANAインターコンチネンタル石垣リゾート ロビーの熱帯魚c0190267_098100.jpg
by happyscience | 2010-10-30 23:48

【ついき秀学のMirai Vision】宗教政党は「自由の砦」

c0190267_11303531.jpg 今月8日、中国の民主活動家、劉暁波氏にノーベル平和賞が贈られることが決まりました。彼は2008年に、共産党一党独裁の廃止や民主的な選挙の実施などを求める「08年憲章」をネット上で公開し、今年2月、国家政権転覆扇動罪で懲役11年の判決を受け、現在、遼寧省の刑務所で服役中です。

 劉氏は08年憲章で言論、宗教、集会、結社の自由などを求めていますが、そういう考えを発言したり、発表したりすること自体が、中国では犯罪になるのです。

 政府を批判すると逮捕されるならば、この連載で菅政権の誤りを指摘している私は捕まってしまいます。自由を奪われるということは非常に怖いことです。



中国の反体制派知識人を追悼する記念式典で弔辞を読み上げる劉暁波氏(関係者提供)。
12月の授賞式に誰が出席するか、注目が集まっている 
 


 ◆日本の「自由」が失われている

 しかし、日本からもその大切な自由が失われつつあります。幸福実現党は、昨年9月の衆院選で337人、今年7月の参院選で24人の候補者を出しました。しかし新聞やテレビなどのマスコミでは、わが党の候補者を無視したり、他党の候補者よりも扱いを小さくする“偏向報道”が絶えません。

 マスコミはその理由を「政党要件を満たしていないため」と説明します。政党要件とは「国会議員が5人以上いるか、または議員1人以上がいて、かつ直近の国政選挙で2%以上得票した政党」という政党助成法の基準です。これを満たした政党に選挙後、国が助成金を与えるというものですが、これをマスコミは勝手に報道するか否かの基準にしています。

 要件を満たさない政党や個人が選挙に出ても、既成政党や世襲議員よりも小さく報道されたり、無視されるということは、民主主義を守るべきマスコミが、みずから国民の言論の自由を狭め、政治参加の自由を阻んでいるといえます。

 ◆政教分離が宗教を迫害している

 また、わが党は昨年5月の立党以来、「宗教政党」を名乗っていますが、いまだに政教分離に反するのではないかというご意見をいただくこともあります。でも、そのご指摘は間違っています。

 日本国憲法第二十条第一項では「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。」としながら、後段には「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。」とあります。

 これが政教分離を主張する根拠になっていると思いますが、本来の立法趣旨は、明治憲法下の国家神道の下で、他の宗教が迫害されてきたことを防止しようとするものです。つまり、国家の弾圧から宗教を守るのが趣旨なのです。

 それは次の第二十一条との関係でも説明できます。「集会、結社及び言論、出版のその他一切の表現の自由は、これを保障する。」とうたっていますが、この規定が宗教団体にだけ適用されないということはありえません。もし、何らかの信仰を持つ人は、政治的な発言や活動が許されないというのなら、これは宗教弾圧以外の何物でもないでしょう。


 ◆自由の出発点は「信教の自由」

 そもそも人間には心の中で何を思うか、という内心の自由があります。これは神仏を信じる自由、信教の自由と密接に関係しています。この内心の自由、信教の自由から言論、表現、行動、出版などさまざまな自由が生まれているのです。つまり、自由権の出発点には「信教の自由」があるのです。

 欧米には多くの宗教政党がありますが、人間の価値観の基になる信教の自由を奪われたり、制限されたりすれば、その他のあらゆる自由はないに等しいのです。中国は共産党の一党独裁で、実質的な選挙がありません。政治参加の自由がないのです。当然、信教の自由もなく、教会の神父を政府が選んでいます。

 私たちは日本をそんな国にしたくはありません。この国の自由や民主主義を守るためにも、そして、その大切な価値観を世界に広げていくためにも「自由の砦(とりで)」として宗教政党・幸福実現党は戦いをやめません。

                   ◇

c0190267_11405875.jpg
【プロフィル】ついき秀学
 ついき・しゅうがく 1971年、大阪府生まれ。東京大学法学部政治コースを卒業後、宗教法人幸福の科学に入局。財務局長、専務理事などを歴任。2009年、幸福実現党に入党。10年7月、幸福実現党党首に就任。妻と2男の4人家族。趣味は読書と散歩。
HPhttp://tsuiki-shugaku.hr-party.jp/

by happyscience | 2010-10-30 11:31

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る