タグ:やない筆勝 ( 13 ) タグの人気記事

幸福実現TV(3月)中国軍拡の現実


[PR]
by happyscience | 2010-03-21 01:03

脱藩ガールズ3/13池袋、乙女ロード見参!


脱藩ガールズが池袋「乙女ロード」に現れ、国難をアツく訴えました。


幸福実現党を応援する脱藩ガールズがホワイトDAYの日に秋葉原 駅前参上!
今日も歌って踊ってニッポンを浄化しちゃうぞ!



脱藩ガールズ秋葉に参上!幸福実現党やない筆勝氏と街宣。
明るいキャラとキャラがぶつかり合い。

c0190267_1314292.jpg










脱藩ガールズHP⇒こちら

[PR]
by happyscience | 2010-03-15 13:11

【幸福実現党】愛子さまへの「乱暴なふるまい」を憂慮する声明を発表

c0190267_18475720.jpg【声明内容】
今回の愛子さまへの「乱暴なふるまい」について、野村一成東宮大夫は「今週に入ってから、ご通学に際して、腹痛などのご体調の不調とともに、強い不安感を表明されることがございました」「同じ学年の別の組に、乱暴なことをする児童たちがおりまして、宮さまを含め、ほかの児童に乱暴をしていることが原因と判明しました。宮さまは今週のご通学は、ほとんどされていません」と発表しました。

本件については、まだ明確な事実関係が表に出ていないため、現段階ではまだ確定的なことは断言できませんが、私がNPO「いじめから子供を守ろうネットワーク」で長年、いじめ相談をして来た経験からすると、これは継続的にいじめを受けている被害者の症状と全く同じ症状であり、今回の愛子さまの不登校は「いじめが原因」であると強く推測されます。

一方、学習院側は「愛子内親王さまに直接の暴力行為、もしくはいじめというものがあったということは聞いておりません」と答えております。

これも私の経験からすると、いじめ事件に際して学校側が「いじめの隠蔽」を行っているケースと酷似しています。もし、今回のいじめの発生が事実だとすれば、公立学校の「いじめ隠蔽」「事なかれ主義」が皇室とゆかりの深い学習院にまで浸透していることになり、大変遺憾であります。
これは、学校側が十分にケアしているはずの愛子さまがいじめに合うぐらい、日本の学校にいじめが広く蔓延していることの表れでもあります。

3月3日には東京で、4日には鹿児島で、いじめを苦にする自殺事件が連続しています。幸福実現党は、早急に、道徳や倫理観を否定する日教組教育を改めると共に、教員らのいじめ加担や隠ぺいなどを厳しく処罰する「いじめ防止法」を法制化し、根本的な教育改革に取り組んで参ります。

幸福実現党 総務会長 矢内 筆勝

2010/03/08 愛子さまへの「乱暴なふるまい」を憂慮する声明を発表しました。 ⇒PDF

[PR]
by happyscience | 2010-03-10 18:52

Happiness Letter88〔蔓延するいじめ問題〕

(Happiness Letter Web 〔幸福実現党〕より転載)
本日は、皇太子家の長女愛子さま(学習院初等科2年)が「乱暴な振る舞い」を受け、登校できない状態になっていることについて、全国の「いじめ問題」の解決に取り組んでいるやない筆勝総務会長(東京都本部参議院選挙区代表)よりメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜

c0190267_18241966.jpg【やない筆勝総務会長寄稿】
宮内庁の野村東宮大夫は記者会見で、愛子さまが1日からほとんど登校できない状態になっていることを明らかにし、「今週に入ってから、ご通学に際して、腹痛などのご体調の不調とともに、強い不安感を表明されることがある」「同じ学年の別の組に、乱暴なことをする児童たちがおり、宮さまを含め、ほかの児童に乱暴をしていることが原因」と発表しました。

本件については、まだ明確な事実関係が表に出ていないため、現段階ではまだ確定的なことは断言できませんが、私がNPO「いじめから子供を守ろうネットワーク」で長年、いじめ相談をして来た経験からすると、これは継続的にいじめを受けている被害者の症状と全く同じ症状であり、今回の愛子さまの不登校は「いじめが原因」であると推測されます。

一方、学習院側は「愛子内親王さまに直接の暴力行為、もしくはいじめというものがあったということは聞いていない」としたものの、同学年の別のクラスで学級崩壊が起きていることは認めました。

これも私の経験からすると、いじめ事件に際して学校側が「いじめの隠蔽」を行っているケースと酷似しています。
もし、今回のいじめの発生が事実だとすれば、公立学校の「いじめ隠蔽」「事なかれ主義」が皇室とゆかりの深い学習院にまで浸透していることになります。

これは、学校側が十分にケアしているはずの愛子さまでさえもが、いじめに合うぐらい、日本の学校にいじめが広く蔓延していることの表れでもあります。

3月3日には、東京都で中学2年の女子生徒が飛び降り自殺したことが発表されました。
その生徒の自宅からは「学校なんか行きたくない。皆が敵に見える」といじめを苦にした文書が見つかっています。

翌4日には、鹿児島県の中学2年の男子生徒が首つり自殺したことが発表されています。
同校の生徒からは「金をせびられていた」「靴をぬらされていた」といったいじめを思わせる証言が寄せられています。

「北教組違法献金問題」で明らかになったように、全国各地でいじめ問題が続出する公立学校において、日教組の教員達は「教育」を放り出して、勤務時間中に「民主党の選挙活動」に汗を流している実態が明らかになりました。
日教組と民主党が一体となって学校教育を蝕んでいる中で、子供達のいじめは深く、陰湿な形で広がっています。

いじめ防止のためには、日教組教育の排斥と共に、いじめを隠蔽したり、加担する教師を厳しく処罰する「いじめ防止法」の法制化が不可欠です。

幸福実現党は、道徳や倫理観を否定する日教組教育を改めると共に、「いじめ防止法」の制定等、抜本的な教育改革に取り組んで参ります。

やない 筆勝

[PR]
by happyscience | 2010-03-10 18:25

Happiness Letter85〔日本の毅然たる姿が中国を変える〕

皆さま、おはようございます!
本日は、やない筆勝総務会長(東京都本部参議院選挙区代表)より中国の軍拡問題についてのメッセージ最終回をお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜


c0190267_0521447.jpg私は長年、NPO「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」代表として、学校のいじめ問題に取り組み、気づいたことがあります。それは「いじめ」と「外交的脅威」は、本質において極めて似ているということです。

日本は靖国参拝問題、歴史教科書問題、尖閣諸島等の領土問題にしても、中国が強く出る度に、謝罪と譲歩を繰り返し、総額3兆円を超える莫大なODA等の経済援助や技術提供等を行って参りました。

結果的に、日本は中国の軍備拡張に貢献したこととなり、日本の主要都市に向けての核ミサイル配備が整いました。要するに日本は、中国にとって格好の「いじめ」の対象なのです。

c0190267_141036.jpgいじめられている子供が、相手にいじめを止めさせる最も確実な方法は、いじめを我慢し、相手に屈従するのではなく、勇気を持って立ち上がり、「毅然とした態度」で相手と対峙し、攻撃を受けたら、正義に基づく反撃を的確に加えることです。

今後、日本が中国と対峙し、中国の属領化から回避する唯一の道は、日本が再び「国家の気概」を取り戻すことです。

日本が正々堂々、自らの正義に基づき、気概を持って中国と対峙する時、中国は易々と日本をいじめ、侮り、理不尽な言動を弄することができなくなります。

日本の毅然とした姿が、普遍的な文明国としての徳と自由と民主主義に基づく理想を体現していればいるほど、中国の一党独裁の闇に光を照射することになります。

それが同時に「中国の民主化」という、中国人民の「真なる解放」へと繋がるはずです。
日本という国が、それだけの力と使命を有していることに、日本人はもっと目覚め、自信を持つべきです。

急速に台頭する中国の軍事的脅威に、経済力や軍事力で対抗するならば、時間的、物理的にも限界があるでしょう。

しかし、日本に「国家の気概」を再び呼び覚まし、毅然とした政治力、外交力、防衛力、経済力、人材教育力を備えた国家になることは、私達の今後の行動によって十分可能です。

そのために幸福実現党は、これからも真摯なる活動を続けて参ります。
その志と旗の下に、一人でも多くの志に満ちた志士達が結集して頂くことを願ってやみません。

やない 筆勝
ブログ⇒http://yanai-h.hr-party.jp/news/

[PR]
by happyscience | 2010-03-05 00:54

Happiness Letter84〔中国軍拡の標的〕

皆さま、おはようございます!
昨日に続いて、中国の軍拡の実態について、やない筆勝総務会長(東京都本部参議院選挙区代表)よりメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜

c0190267_0465589.jpg中国は今、猛烈な勢いで「軍備拡大」を進めています。
天安門事件のあった1989年以降、中国の軍事費は毎年2桁という驚異的な割合で伸びており、21年間で実に20倍に増えています。08年の国防費は、公表された額だけでも前年比実績18%増の4178億元(約7兆円)です。

しかし、実際に使われている軍事費はその2~3倍の15兆円前後といわれ、日本の防衛費約5兆円(しかも毎年減り続けている)の約3倍の規模です。既に中国はアメリカに次ぐ世界2位、名実ともに「アジア最大の軍事大国」になっています。

今回の軍事パレードでは、通常兵器の近代化も著しく、特に水陸両用陸戦兵器や空挺降下用陸戦兵器の開発が進んでいることが見て取れました。(↓05式水陸両用歩兵戦闘車)
c0190267_0475810.jpg
中国軍は台湾や日本の島嶼や日本海沿岸への電撃的な着上陸侵攻に向け、着々と備えを進めていることが明確です。

また最新の戦車や装甲車、戦闘機に加え、巡航ミサイル、無人戦闘機、宇宙兵器等の最先端の兵器の国産化も進んでいます。さらに中国は、巨大空母2隻と、現在アメリカにしかないステルス戦闘機の開発にも着手しています。

これほどの勢いで軍事力を増強している国家は、人類の歴史上存在しません。

今、中国が、軍事力増強の延長線上に虎視眈々と狙っているものが「太平洋進出」と「アジアの覇権」であり、具体的には「台湾」、そして、中国の「最大の仮想敵国」である「日本」の属国化です。

日本はエネルギー資源や食糧などの90%を外国に依存しており、その供給のほとんどを海上輸送に頼っています。もし中国が台湾を併合し、台湾周辺のシーレーン(海上交通路)を押さえたら、日本は中国の属国的な地位に置かれかねません。

さらに、東シナ海に眠る天然ガスなどの地下資源を狙って、尖閣諸島、さらに沖縄にも、その触手を伸ばしています。

日本が今、中国からの侵食を受けていない理由は、ひとえに日米安全保障条約に基づく「日米同盟」によって、米軍が日本(特に沖縄)に駐留し、その世界最強の軍事力で、中国を牽制しているからに他なりません。

その意味で、鳩山首相の沖縄の普天間基地移転の白紙撤回や「東アジア共同体」構想、小沢幹事長の中国への朝貢外交等は、アメリカの軍事的な盾から飛び出し、中国の支配下に身を置こうとする「亡国の所業」に他なりません。

昨夏、幸福実現党が警告した「国難」は、既に「今ここにある危機」として現実化しているのです。(つづく)

やない 筆勝
ブログ⇒http://yanai-h.hr-party.jp/news/

[PR]
by happyscience | 2010-03-05 00:50

Happiness Letter83〔現代の黒船「核超大国・中国」〕

Happiness Letter83より転載)
皆さま、おはようございます!
中国の軍拡の憂慮すべき現状について、やない筆勝総務会長(東京都本部参議院選挙区代表)より3回に分けてメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜

c0190267_13332280.jpg私、やない筆勝は昨年10月、北京の天安門広場で10年ぶりに行われた中国の「建国60周年記念軍事パレード」を見て参りました。
そこで目の当たりにしたのは、日本人の想像を超える軍備拡大によって、アジアの覇権を目指す「核超大国・中国」の姿でした。

今回、私が北京に入った目的は、中国が日本に照準を定めていると言われる中距離弾道ミサイル「東風21号」を、この目で見ることです。
その存在を自らの脳裏に焼き付けることで、日本の外交と国防のあり方を考える契機としたかったためです。

厳戒態勢の中、現地で行われていたのは「パレード」などという、おめでたいものではなく、厳戒態勢の式典でした。
北京市の天安門を中心に半径2~5キロ四方は立ち入り禁止になり、自動小銃や催涙ガンで武装した数十万の人民解放軍や武装警察らが厳重な警備体制を固めていました。
事前に中国共産党が選別した20万人の参加者や来賓客以外は一切市内には出入りできません。
観光客はもちろん、北京市民であってもそうです。

そうした厳戒態勢に阻まれ、私は天安門から東に3キロほど離れた警備区域外の交差点において、パレード後、基地に向かう戦車やミサイルの隊列の通過するのを待ち構えました。
そして約3時間後──。
人民解放軍の兵士が警備するその先に、トラックに搭載されて移動する「東風21号」(DF-21A)を、私はこの目で見ました。

それは巨大トレーラーと一体となった全長約10mの巨大な迷彩色のミサイルでした。射程距離1750~3200km。
北朝鮮のテポドンのように固定式ではなく、可動式(移動式)のため、前もって迎撃の照準を合わせることは困難です。

更に、テポドンのように液体燃料を注入するのに4~5日もかかるようなことはなく、燃料が個体燃料であるため、発射に要する時間は20分程度で、東京着弾までの飛行時間9分間と合わせても、日本が迎撃体制を取ることは事実上、不可能に近い状態です。

また、今回のパレードでは、開発中とされていた通常弾頭型「東風21号」(DF-21C↓)を初めて確認できました。従来の「東風21号」とはノーズコーンの形状が異なり、スカッドミサイルに近い形状でした。
c0190267_13295226.jpg

このミサイルの開発によって、生物・化学兵器での日本の攻撃も可能となったことは、わが国としては非常に憂慮するべき事態です。

中国はこの東風21号と、潜水艦から発射される弾道ミサイル「巨浪1号」の照準を、日本の全ての主要都市に定めているとされます。
しかも、ミサイルには「原爆」の10倍から数百倍の破壊力を持つ「水爆」の搭載が可能です。

原爆が一つの都市を一瞬で焦土化するとすれば、水爆は一瞬で一つの県レベルの広い地域を丸ごと消滅させるだけの威力があります。
もしこのミサイルが首都圏や大阪、名古屋などの大都市に向けて発射された場合、瞬時に数千万人の命が奪われ、日本の国家としての機能は即時停止してしまうでしょう。

また、日本に向けられたミサイルの数は30発とも数百発とも言われています。
しかも中国はミサイルの弾頭を「単弾頭」(搭載された核弾頭が1個)から、「多弾頭」(核弾頭3~6個)に切り替えているため、
保有する「核弾頭」の総数は実に1千発を超えるという情報もあります。

今でも、「現代の黒船」とも言える「核超大国・中国」の姿が脳裏から離れません。(つづく)

やない 筆勝
ブログ⇒http://yanai-h.hr-party.jp/news/

[PR]
by happyscience | 2010-03-04 13:30

「幸福実現NewS」のご案内


c0190267_12334465.jpg
PDF版⇒こちら
[PR]
by happyscience | 2010-03-02 12:32

外国人参政権法案の危険性とチベット問題

(やない筆勝氏のブログより転載)
1月17日、国分寺駅前における街頭演説動画、その2・3です。

外国人参政権法案は、大変危険な法案です。
日本人の未来のため、幸福のため、幸福実現党は民主党の亡国政策に反対の声をあげてまいります。




[PR]
by happyscience | 2010-01-19 02:39

幸福実現党_やない筆勝2010.1.17街宣


[PR]
by happyscience | 2010-01-18 01:37

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧