<   2011年 04月 ( 39 )   > この月の画像一覧

がんばれ 東日本! がんばろう ニッポン! がんばろう みんな!



破壊的な地震と津波が起きて数時間以内に、自衛隊は救助・支援活動を開始しました。総勢10万人以上の隊員が東北沿岸の被災地に入りました。これは、日本の自衛官の40%にあたります。物­資を運び、がれきを撤去し、被災者を避難させました。また、不明になっている方々を捜索、救出しました。

亡くなられた方々を収容し、埋葬するという任務も遂行されています。自衛隊は、米­軍と連携し、不眠不休で働いています。日本のメディアでは、報道されない場面も含め、感謝を込め映像化させていただきました。


先週より2週続けて自衛隊の方々へ、感謝のメッセージを携え訪問させていただいています。被災地の映像を見るにつけ、たいへん過酷な環境でのお仕事をされています。

ある自衛隊幹部の方は、「厳しい環境であろうとも任務を遂行するのが、我々の使命ですから」と淡々と語られた言葉に、「プロフェッショナルとは、いかなるものであるか」ということを気づかされます。

今日は、支部長さまと2人で60件あまり訪問させていただき、自衛隊の活動に対する感謝と国民世論が肯定的に変わってきているということをお伝えさせていただきました。

【WSJ】震災の救助活動で、自衛隊に対する世論が変化

その話を聞かれて、喜びの表情になる方が多くいらしたのは、印象的です。

4月29日は、惠隆之介氏が来広され講演会を開催されます。さらに大川隆法総裁の衛星中継も開催されます。そのこともお伝えさせていただきました。この29日は、3月11日から49日になるそうで、頑張ってお声掛けさせていただいております。天上界の応援もいただけたのか、今日は、日輪が応援して下さいました。





東日本大震災で多くの方々が亡くなられ、供養には、千僧供養という千人の僧侶で供養しないと供養が難しいようです。広島の地でもそのようなお話を聞きました。多くの亡くなられた方々の魂の鎮魂を願い、我々、宗教者が光を結集し、仙台の地に正心館を建立しなければいけません。

さらに、今後の被災地の発展、そして、日本の発展を願って精進せねばと思います。こういうときに、西日本が頑張らなければと思います。

がんばれ!わたし! がんばろ~!みんな!


【お問い合わせ】
幸福の科学サービスセンター
TEL:03-5793-1727
(火~金:10時~20時/土日:10時~18時)
E-mail:webmaster@kofuku-no-kagaku.or.jp

◇お近くの「支部」を知りたい方は、こちら
◇お近くの「精舎」を知りたい方は、こちら


【Google Crisis Response】
東北地方太平洋沖地震に関する災害情報をまとめたページ
http://goo.gl/saigai

[PR]
by happyscience | 2011-04-17 21:45 | 活動

4/16(土)22:00~ UST番組「サタデーナイトin エリア5反田」





「happy-scienceTV」
http://www.ustream.tv/channel/
サタデーナイト-in-五反田

毎週土曜日 夜10時USTREAMにて生放送


幸福の科学のUSTREAM番組!その名も「サタデーナイトin エリア5反田」――。

月刊「ザ・リバティ」ミステリー取材班こと、アカイコウジが「UFOパニック!」取材・調査の中でつかんだ新事実を、毎週土曜の夜10時、あなただけにカミングアウトします! UFO、宇宙人、2012年問題、UMAなど、「常識」の奥にある真実をあなたに!

[PR]
by happyscience | 2011-04-16 20:18 | USTREAM

未来ビジョン『安売り競争から高品質・高付加価値へ』





BS11で毎週土曜夜18時30分より放送の番組。
ニッポンを元気にする技術や考え方を毎週紹介。
http://www.bs11.jp/news/960/

今回のゲストは、株式会社ローランド・ベルガー会長の遠藤功さん。
安売りに目を向けるより、日本の高品質・高付加価値で海外に勝負!

[PR]
by happyscience | 2011-04-15 23:06 | メディア

4/19発刊 「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究

c0190267_225252100.jpg 「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究 
  ~週刊誌に正義はあるのか~


主な内容
大衆を扇動する週刊誌的正義とは何か。
売るためなら善悪の判断基準さえ示すことなく、読者の怒りや不満、嫉妬を巧みにあおる人民裁判さながらの手法――そんな週刊誌ジャーナリズムのルーツが明らかに!

目 次
・ジャーナリズムに潜む悪魔の意図
・「週刊新潮」の悪魔の正体とは
・週刊誌の具体的手法を探る
・悪魔が語る週刊誌の“正義の基準” 
               など

http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0312.html
[PR]
by happyscience | 2011-04-15 22:57 | 書籍

【放射能漏れ】中国人が買い占めていた日本の土地を手放し始めている

4月12日、とうとう福島第一原発の放射能漏れ事故は、その危険度を示す度合いが、最高である「レベル7」に引き上げられた。これに並ぶのは、もはや1986年のチェルノブイリ原発事故しか存在しないため、「過去最悪レベルの原発事故」と認定された形だ。

海外でもこのニュースは速報として伝えられ、さらに注目が高まっている。そんななか、こうした報道が思わぬ影響を及ぼしている問題がある。

「震災前までは、日本の山林を中国人が買い漁っていたという報道がよくされていましたよね。彼らの目的は日本のキレイな水を得るための水源と、将来的にCO2(二酸化炭素)の排出権を売買するための森林を得ることでした」(農林水産省のキャリア官僚・T氏)

昨年末に報道された、中国人による日本の土地買い占め問題のことだ。具体的に対象となっていたのは、北海道や富士山周辺など自然が多い地域。しかし、そんな中国人たちが、震災後の放射能汚染問題により、その土地を手放し始めているという。前出のT氏が、こう証言する。

「今回の原発事故で、日本中が放射能に汚染されてしまうかのような誤解をする中国人が増えた。そして、彼らは売却を始めたのです」

日本ではあまり取り上げられないが、水は一大ビジネスとして将来的には100兆円以上の市場規模を持つとされ、各国の利権争いが激化している。中国人による日本の土地買い占めもこうした需要を見込んでの行動と見られ、農林水産省は危機感を抱いていたという。

これも風評被害の一端なのかもしれないが、日本のためには結果、良かったのかもしれない。
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/04/13/3963/
中国人のよる買占めがなくなるというのは、喜ばしいのかもしれないが、一方、ドラッカー霊によると「(中国に)どんどん日本に投資させなさい」とも言っている。なぜなら、投資したところを粗末にはしないからだ。その投資によって、日本を発展させるとも云っている。

今の放射能事故としては、レベル7の最高ランクであるが、いまのところ、放射能汚染で本当に危険な地域は、限定的。あえて政府、マスコミ風評というが、日本の政府の放射能漏れの発表の仕方や、マスコミ報道の仕方で経済不況を作り続け、投資先としての、日本の魅力を消失させているということを見逃してはならない。まさに、貧乏神、祟り神政権だ。

今こそ、大胆な未来創造型の日本列島改造論打ち立て、世界の投資を呼び込む時だ。地球神エル・カンターレ降臨の国としてふさわしい国造りを!

[PR]
by happyscience | 2011-04-14 21:45 | 最新情報

【脳死、改正臓器移植法】15歳未満の子供に、初の脳死判定

12日、15歳未満の子供に初めて法的な脳死判定が行なわれた。今後、臓器が摘出され、移植される見通しだ。厚生労働省の発表によると、脳死判定されたのは、関東甲信越地方に住む10歳代前半の男児。

今回、15歳未満の人が初めて脳死判定されたのは、昨年7月に「改正臓器移植法」の施行で、臓器提供の数を増やすために〝規制緩和〟が行なわれたため。この改正法では、これまで臓器提供の場合に限って脳死を「人の死」と見なしていたものを改め、一律に脳死を「人の死」と定義。その上で、本人の意思が不明でも家族が承諾すれば、年齢にかかわらず誰からでも臓器を摘出できるようになった。

唯物論・無神論が広がる現状では、臓器提供は「尊い行為」と受け止められるかもしれない。だが、霊的真実は、脳死は人の死ではない。本当の人の死とは心臓停止から24時間後、肉体と魂をつなぐ「霊子線」が切れた時である。

実際に、脳死判定された子供を1年9カ月育てた母親は、「脳死状態での臓器摘出は、体が温かく生きているうちに手術する。改正法は移植を増やすことありきで、十分な情報も与えられないまま、子供の死を親が決めることになる」と話している。

霊的真実を知らない人が、魂が肉体から離れる前に臓器を摘出されると、生きたまま体にメスを入れられるのと同じような恐怖と激痛に襲われ、あの世への安らかな旅立ちが妨げられてしまう。この真実を広め、臓器移植で苦しむ〝犠牲者〟を減らさなければいけない。移植を希望するような重病の方のためには、再生医療の技術の確立が必要だ。(格)


リバティーweb⇒http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=1746

永遠の生命の世界―人は死んだらどうなるか
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 123767



[PR]
by happyscience | 2011-04-13 07:52 | 最新情報

【菅政権】菅、岡田降ろしが本格化 代議士会で公然と降板要求

c0190267_748073.jpg 統一地方選前半戦での民主党惨敗を受け、菅直人首相(党代表)と岡田克也幹事長に辞任を求める動きが本格化した。2人は責任を棚上げし居座りを決め込むが、東日本大震災や東京電力福島第1原子力発電所事故での対応の不手際もあいまって辞任要求は強まるばかり。平成23年度第1次補正予算成立後の5月の連休明けがヤマ場となる公算が大きい。(加納宏幸)

 「厳しい結果で真摯(しんし)に受け止めたい。後半戦が終わった段階で党の方で検証するのでそれを待ちたい」

 首相は12日夕の記者会見で地方選惨敗についてこう語り、退陣をきっぱり否定した。ただ、納得する者はほとんどいない。

 「選挙に負け続けている。企業経営では決算が一つの結果責任だが、政治の世界では選挙がまさにそれだ。1次補正が一段落すれば復興に向け挙国一致の政治体制をつくることが大きな課題となる」

 民主党の小沢鋭仁前環境相は12日、自らのグループの会合で首相と岡田氏に自発的な退陣を促した。

 震災発生を機に民主党内の「菅降ろし」の動きは止まっていたが、1カ月が過ぎ解禁された感がある。震災で首相の「破れかぶれ解散」が封印されたことも大きい。

 12日午後の民主党代議士会。役員報告終了直後に大きなヤジが飛んだ。

 「幹事長はいつまでそこに座っているんだよ!」

 岡田氏が「誰だ! いま言ったのは」と怒鳴り返すと、1回生の山本剛正衆院議員が「俺だ!」と立ち上がった。村上史好衆院議員も「野球でもサッカーでも成績が振るわなければ監督、コーチが代わる。執行部は勇気ある決断を」と公然と退陣を求め、約30人が拍手で同調。さすがに岡田氏も「結果が伴わなかったのは申し訳ない。執行部の力不足だ」とわびたが、進退には触れなかった。

 菅政権の責任回避は今に始まった話ではない。昨夏の参院選で大敗しても首相は枝野幸男幹事長(当時)の辞任を拒んだ。9月の代表選後に幹事長に就任した岡田氏も10月の衆院北海道5区補選で敗れたが「相手は大物だったが、こちらは新人で知名度不足だった」と総括しただけ。こうした無責任体質への批判がここにきて一気に噴出した。

 そんな中、小沢一郎元代表も動きだした。午後の衆院本会議には姿を見せなかったが、夕方には都内で鳩山由紀夫前首相と会談。政府が福島第1原発事故の評価をレベル7に引き上げたことについて声を荒げた。

 「チェルノブイリ並みになるのは分かっていたのに今さら何だ。遅い!」

 12日夜には東京都世田谷区の自宅に自らを支持する「一新会」のメンバー18人を招集。「今は国難であらゆる面で厳しい。政府の対応はバラバラだ。このままでは政治家として放っておけない」と倒閣への決意をにじませた。

 一新会の一人は自信たっぷりにこう語った。

 「1次補正が成立したら首相は退陣すべきだ。自ら辞めないのならば、両院議員総会で代表辞任を求める動議を可決させるしかないな…」

産経ニュース⇒http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110412/plc11041223400033-n1.htm

[PR]
by happyscience | 2011-04-13 07:46 | メディア

震災から1カ月 桜をあなたに



毎年ですが、ある小学校の周りに桜があり、そこが、桜道になります。

そこは、とてもきれいで、この桜が咲いている道を黄色いランドセルを背負った小学生とお母さんが写真を撮ったりしている光景に出会います。幸せな瞬間ですね。

4月11日は震災から1カ月。心の傷も癒えない方もたくさんいらっしゃると思います。
そんなあなたの心に、"桜"を贈ります。
c0190267_1553781.jpg
c0190267_1554968.jpg
c0190267_15611.jpg

c0190267_1561482.jpg


[PR]
by happyscience | 2011-04-12 01:38 | You Tube

Happiness Letter Web 「ありがとう米軍」「原発の未来」




[PR]
by happyscience | 2011-04-10 19:29 | You Tube

幸福の科学 聖地・四国正心館 伊藤館長 七の日講話




幸福の科学 聖地・四国正心館の伊藤真道館長による七の日参拝感謝式典の講話です。演題「心の指針76 読書の方法」をテーマに、わかりやすく解説されています。

【お問い合わせ】
幸福の科学サービスセンター
TEL:03-5793-1727
(火~金:10時~20時/土日:10時~18時)
E-mail:webmaster@kofuku-no-kagaku.or.jp

◇お近くの「支部」を知りたい方は、こちら
◇お近くの「精舎」を知りたい方は、こちら


[PR]
by happyscience | 2011-04-10 19:29 | 精舎・支部紹介

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧