<   2010年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

10/30 沖縄連続講演会 大川隆法総裁 「国境を守る人々へ」 

c0190267_0281083.jpg緊急レポート!!   
大川隆法総裁講演会『国境を守る人々へ』

10/30(土)
沖縄県石垣市のANAインターコンチネンタル石垣リゾートにおいて、
大川隆法総裁の『国境を守る人々へ』という演題での講演がありました。


大川隆法総裁は、はじめに
「皆様方は本当に、日本の国境にあって、この国を守っておられる最前線にいらっしゃる方々である、という感謝を込めて、今日は参りました。」
と、沖縄の人々に対する感謝を述べられ、今後の日本がとるべき外交についてなどのお話となりました。

<主な内容>

●アメリカの「世界の警察官」に対する新しい挑戦者として中国が世界帝国を目指して発進しはじめた
●今の政府は国対国の外交問題を、地方レベルの責任にしようとしている
●政治家の使命
●日本が国家として生き延びるためには、日米関係を壊してはならない
●幸福実現党は、唯一「県内移設」を訴えている
●沖縄の皆様の考え方次第で国政を変えることができる      …など


最後に、
「私が申し上げたいことは、ひとつ。日本が国家として今後10年、20年と生き延びるためには、
日米関係を壊してはならないということ。その方向で政治選択をしなければいけないということ。
今の政権中枢部は、地方に責任を押し付けようとしている。
だから地方における判断責任は極めて重いということを理解していただきたいと
思います。
『国境を守る人々へ』という題をつけました。
皆様はこれから重大な責任と運命の荒波の中におかれると思います。
しかし、どこまでもどこまでも、皆様方の未来を明るくするために、励ましていきたいと思います。」
と締めくくられました。


※10/31(日)以降、全国の精舎、支部にて拝聴会が開催されます。

【お問い合わせ】
幸福の科学サービスセンター
TEL:03-5793-1727
(火~金:10時~20時/土日:10時~18時)
E-mail:webmaster@kofuku-no-kagaku.or.jp

◇お近くの「支部」を知りたい方は、こちら
◇お近くの「精舎」を知りたい方は、こちら

[PR]
by happyscience | 2010-10-31 00:30

幸福実現党 金城タツロー 『沖縄県がとるべき政策について』



c0190267_081133.jpg
2010年10月30日(土)
沖縄県石垣市のANAインターコンチネンタル石垣リゾートにて、
沖縄県本部代表代行 金城タツロー氏が沖縄県がとるべき政策について、力強く県民の皆さんに訴えました。

■金城タツロー
http://kinjo-tatsuro.net/


ANAインターコンチネンタル石垣リゾート ロビーの熱帯魚c0190267_098100.jpg
[PR]
by happyscience | 2010-10-30 23:48

【ついき秀学のMirai Vision】宗教政党は「自由の砦」

c0190267_11303531.jpg 今月8日、中国の民主活動家、劉暁波氏にノーベル平和賞が贈られることが決まりました。彼は2008年に、共産党一党独裁の廃止や民主的な選挙の実施などを求める「08年憲章」をネット上で公開し、今年2月、国家政権転覆扇動罪で懲役11年の判決を受け、現在、遼寧省の刑務所で服役中です。

 劉氏は08年憲章で言論、宗教、集会、結社の自由などを求めていますが、そういう考えを発言したり、発表したりすること自体が、中国では犯罪になるのです。

 政府を批判すると逮捕されるならば、この連載で菅政権の誤りを指摘している私は捕まってしまいます。自由を奪われるということは非常に怖いことです。



中国の反体制派知識人を追悼する記念式典で弔辞を読み上げる劉暁波氏(関係者提供)。
12月の授賞式に誰が出席するか、注目が集まっている 
 


 ◆日本の「自由」が失われている

 しかし、日本からもその大切な自由が失われつつあります。幸福実現党は、昨年9月の衆院選で337人、今年7月の参院選で24人の候補者を出しました。しかし新聞やテレビなどのマスコミでは、わが党の候補者を無視したり、他党の候補者よりも扱いを小さくする“偏向報道”が絶えません。

 マスコミはその理由を「政党要件を満たしていないため」と説明します。政党要件とは「国会議員が5人以上いるか、または議員1人以上がいて、かつ直近の国政選挙で2%以上得票した政党」という政党助成法の基準です。これを満たした政党に選挙後、国が助成金を与えるというものですが、これをマスコミは勝手に報道するか否かの基準にしています。

 要件を満たさない政党や個人が選挙に出ても、既成政党や世襲議員よりも小さく報道されたり、無視されるということは、民主主義を守るべきマスコミが、みずから国民の言論の自由を狭め、政治参加の自由を阻んでいるといえます。

 ◆政教分離が宗教を迫害している

 また、わが党は昨年5月の立党以来、「宗教政党」を名乗っていますが、いまだに政教分離に反するのではないかというご意見をいただくこともあります。でも、そのご指摘は間違っています。

 日本国憲法第二十条第一項では「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。」としながら、後段には「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。」とあります。

 これが政教分離を主張する根拠になっていると思いますが、本来の立法趣旨は、明治憲法下の国家神道の下で、他の宗教が迫害されてきたことを防止しようとするものです。つまり、国家の弾圧から宗教を守るのが趣旨なのです。

 それは次の第二十一条との関係でも説明できます。「集会、結社及び言論、出版のその他一切の表現の自由は、これを保障する。」とうたっていますが、この規定が宗教団体にだけ適用されないということはありえません。もし、何らかの信仰を持つ人は、政治的な発言や活動が許されないというのなら、これは宗教弾圧以外の何物でもないでしょう。


 ◆自由の出発点は「信教の自由」

 そもそも人間には心の中で何を思うか、という内心の自由があります。これは神仏を信じる自由、信教の自由と密接に関係しています。この内心の自由、信教の自由から言論、表現、行動、出版などさまざまな自由が生まれているのです。つまり、自由権の出発点には「信教の自由」があるのです。

 欧米には多くの宗教政党がありますが、人間の価値観の基になる信教の自由を奪われたり、制限されたりすれば、その他のあらゆる自由はないに等しいのです。中国は共産党の一党独裁で、実質的な選挙がありません。政治参加の自由がないのです。当然、信教の自由もなく、教会の神父を政府が選んでいます。

 私たちは日本をそんな国にしたくはありません。この国の自由や民主主義を守るためにも、そして、その大切な価値観を世界に広げていくためにも「自由の砦(とりで)」として宗教政党・幸福実現党は戦いをやめません。

                   ◇

c0190267_11405875.jpg
【プロフィル】ついき秀学
 ついき・しゅうがく 1971年、大阪府生まれ。東京大学法学部政治コースを卒業後、宗教法人幸福の科学に入局。財務局長、専務理事などを歴任。2009年、幸福実現党に入党。10年7月、幸福実現党党首に就任。妻と2男の4人家族。趣味は読書と散歩。
HPhttp://tsuiki-shugaku.hr-party.jp/

[PR]
by happyscience | 2010-10-30 11:31

幸福実現党 深田とし子 『尖閣問題の本質を語る』







沖縄知事選の結果次第で、この国の将来が分かれます。
大阪の法友から、多くの方々に観ていただきたいということで、DVDをいただきました。
拡散のご協力をお願い致します。

[PR]
by happyscience | 2010-10-29 07:40

未来ビジョン030『世界の頭脳を集めよ!人材開国への道』





BS11で毎週土曜夜22時30分より放送の番組。
ニッポンを元気にする技術や考え方を毎週紹介。
http://www.bs11.jp/news/960/

今回のゲストはパソナグループ創立者 南部靖之さんです。
優秀な方がたくさんいるはずの日本。
しかし、日本はその優秀な頭脳を海外に流出してしまっている?!
国策として、世界から優秀な頭脳を集め、急発展を遂げているシンガポールに注目し、日­本の更なる発展への道を探ります!

[PR]
by happyscience | 2010-10-26 23:08

「尖閣諸島を守ろう関西実行委員会」主催デモ映像&掲載記事

Tomusukeさんがデモの様子を紹介されています。お疲れさまです。
おっ、武田慎一氏を真横から撮影されていますね。臨場感あふれる映像ありがとうございます。




23日、デモの様子が産経新聞2面記事として掲載されました。
おめでとうございます!
c0190267_5473367.jpg
   新聞記事をクリックすると拡大します。 

産経ニュース尖閣諸島で中国に抗議 大阪・御堂筋で約1000人がデモ

【関連記事】
中国が尖閣「領有権」棚上げを打診 日中首脳会談に向け環境づくり
日本対応に苦慮 南沙で使った中国主権確立の常套手段 乗ってはならない悪魔の誘い

[PR]
by happyscience | 2010-10-24 06:00

【いざ!幸福維新】菅首相、中国に毅然としたサムライ魂見せよ

c0190267_358183.gif

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101022/plt1010221519004-n1.htm

c0190267_349333.jpg 今月からコラムを担当します、幸福実現党女性局長の滝口笑です。

 1994年に宗教法人幸福の科学に入局し、広報部長、幸福の科学出版副社長などを経験しました。中国や北朝鮮の脅威が本格化する中、「国難から日本を守りたい」という思いがやまず、幸福実現党に入党しました。

 先日、尖閣諸島にほど近い、日本最西端の島、与那国島を視察してきました。島の漁師に、尖閣事件を巡る政府の対応について聞くと、一様に怒りの声でした。

 「一方的に領有権を主張し、開き直る中国は盗人猛々しい。そんな中国の圧力に屈して、船長を釈放した日本政府の対応は、本当に恥ずかしい」

 「おじいちゃんの代には、尖閣諸島にかつおぶし工場があり、仕事場だった。しかし現在は近づけない。事実上、尖閣はもう中国に取られた」

 与那国町漁業協同組合の代表理事組合長、中島勝治さんは、「島には自衛隊もなく、警官が2人しかいない。中国船がウロウロしている海で何かあっても、誰も守ってくれない」と嘆きながら、自衛隊の配備を切実に求めていました。

 菅首相、仙谷官房長官は国家と国益をあずかる立場にいながら、領土や主権を守る責任感を全く持ち合わせていないのです。今回、「日本は圧力に簡単に屈する国」という印象を与え、中国に「日本無血占領への道」を開いてしまいました。

 もうここまできたら弱腰外交の烙印を押された菅首相は、逆転ホームランを打つしかありません。沖縄の民意に国防の判断をゆだねるような無責任なマネはやめ、中国や国際社会に向け、高らかに宣言していただきたいのです。

 「日本はサムライ国家に戻ります。サムライの正義を通し、日本とアジア諸国を守るため、討ち入りするときは討ち入りし、切腹するときは切腹します!」

 中国にも、「中国は、日本国憲法の前文にある『平和を愛する諸国民』とは思えないので、憲法9条の適用を外す!」と堂々と主張すべきです。

 もし、この国を守るために命をかける気概と決断力を持ち合わせていないのなら、即刻、政権の座を去っていただきたいと思います。 (幸福実現党女性局長・滝口笑)
c0190267_472861.jpg
第四金曜日掲載
夕刊フジコラム
「いざ!幸福維新」


幸福実現党女性局長
滝口笑⇒ブログ

[PR]
by happyscience | 2010-10-23 03:51

未来ビジョン『藻で日本が産油国になる?!注目のバイオ燃料!』





BS11で毎週土曜夜22時30分より放送の番組。
ニッポンを元気にする技術や考え方を毎週紹介。
http://www.bs11.jp/news/960/


今回のゲストは筑波大学大学院教授、渡邉信さんです!
渡邉先生は「藻」から燃料を抽出し、実用化に向けて研究をされています。
この研究が実用化されたら、日本は石油の輸入に頼ることなく、産油国になることも夢で­はない!?
さらに、このバイオ燃料は石油と同じように使えるため、燃料としてだけではなく、化学­製品や化粧品にも利用することが出来るそうです。
これは今後の発展が楽しみです!渡邉先生の研究についてお話を伺いました!

[PR]
by happyscience | 2010-10-21 21:03

「尖閣諸島を守ろう!」署名活動にご協力をお願いします

(深田とし子氏のブログより転載します)

「尖閣諸島を守ろう!」署名活動にご協力をお願いします

 尖閣諸島の危機は、終わっていません!

 署名された原紙を、下記党本部宛にご郵送ください。
 第1次締切11月10日
 第2次締切12月15日
 ※FAXは無効ですので、ご注意ください。

  【郵送先】 〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目2番19号 幸福実現党宛

署名用紙のダウンロード先

【発起人】沖縄の自由を守る会(代表:徳留博臣)

【協賛団体】沖縄の自由と繁栄を願う女性の会
      沖縄維新の会
      沖縄県人の会
      幸福実現党

c0190267_10101550.gif

[PR]
by happyscience | 2010-10-19 10:11

【尖閣デモ】横浜にて「尖閣諸島を守れ!緊急抗議デモ」決行!



10月17日(日)、神奈川県本部主催「このままでは日本が危ない!『尖閣諸島を守れ­!緊急抗議デモ』」に、1,500人の党員・有志が横浜公園に結集し、力強くデモ行進­を行いました。

 今回は地元党員が、APEC(Asia Pacific Economic Cooperationアジア太平洋経済協力)の開催地である横浜でデモを行おうと声­をあげ、 警察が厳重に警備する横浜の中心地でのデモ決行となりました。

 この日は天候にも恵まれ、多くの人々が賑わうなか、県庁前や伊勢佐木の目抜き通りを、
「尖閣諸島を守れ!」
「日本は弱腰外交をやめよ!」
「中国は民主化せよ!」
「ノーベル平和賞の劉氏を解放せよ」
と力強く訴え、行進しました。

 立ち止まって耳を傾ける通行人も多く、APECをひかえた横浜市民の、この問題に対す­る関心の高さが伺えました。

詳細はhttp://www.hr-party.jp/

「尖閣諸島を守ろう!」署名活動にご協力をお願いします 
署名用紙のダウンロード new!

東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)における中国共産党の弾圧

[PR]
by happyscience | 2010-10-18 06:28

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧