<   2010年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

What is Happy Science?



Happy Science is a universal religion based on faith in El Cantare, who is Buddha, God, the great consciousness of the universe. It was founded by Master Ryuho Okawa in Japan in 1986.

Master Ryuho Okawa Forecast



Master Ryuho Okawa speaking at his "Live a Life of Truth" lecture.
[PR]
by happyscience | 2010-07-30 23:48

野中広務 官房機密費問題 07.28 青山繁晴のニュースDEズバリ!








[PR]
by happyscience | 2010-07-30 23:01

100724未来ビジョン017『世界から求められる日本の農業』







BS11で毎週土曜夜22時30分より放送の番組。
ニッポンを元気にする技術や考え方を毎週紹介。
http://www.bs11.jp/news/960/

第17回『世界から求められる日本の農業』のゲストは月刊「農業経営者」編集長・昆吉則さんです。
世界でも日本の農作物の品質は信頼されている!
農業はまさに、"Made By Japanese"。
月刊「農業経営者」編集長の昆さんが、ニッポン農業の海外進出の未来ビジョンを語ります。

[PR]
by happyscience | 2010-07-30 22:13

【饗庭直道】日本人よ「徹底監視社会」に耐えられるか!

c0190267_21585026.jpg 菅内閣の掲げる「強い経済、財政、社会保障」のアイデアの出所が、スウェーデン中心の「北欧モデル」にあることは有名である。例えば、子ども手当や高校無償化、納税者番号制度などだ。

 スウェーデンの「高負担・高福祉」政策が、そのまま日本に適用できるのか。最新の実状を探るべく、現地・スウェーデンに飛んだ。

 首都ストックホルムの複数の市を回り、また現地の税制に詳しい会計士、経営者、市議などから話を聞き、「夢の国」の驚くべき実態を知ることができた。

 まず、高負担の原資となる税制は、消費税(=付加価値税)最高25%と、住民税(=所得税)最高37%を2大柱に、1人あたりの税率が50%を超える重税だ。

 不況で税収不足に政府が悩む中、凄まじいのは「取り立て」の方法だ。まずは1947年に施行された「国民総背番号制」。

 子供が生まれると同時に、病院から番号を管轄する国税庁に連絡が行き、国税庁から10ケタの個人番号が親に通知される。以後、「生活のすべて」が税務署に把握されるのだ。

 もし、税務署の知らない範囲で前年よりも銀行口座の残高が増えたら、それだけで脱税とみなされ、増加分に所得税と追徴金が課される。

 また、他人の課税所得であっても希望で公開されるため、近所の住人が所得に見合わない派手な生活をしていると、税務署に通報されるという「密告」も頻繁である。

 そして、より過酷なのは、事業主にとっての消費税。今年6月1日、全ての店舗のレジに、自動的に売り上げが記録される装置を付けねばならないという「ブラック・ボックス(B・B)」機械制度が施行された。

 客のフリをした税務署員が抜き打ちで店を監視しており、B・B機レジを導入していない店と判明したら、20万円の罰金が科せされる。B・B機レジを通さずに物を売る現場を発見されたら即、100万円の罰金だ。

 高福祉国家の実態は、現地の住人でも「ここまでやるか!」と唸るほどの「徹底監視社会」だった。今の日本が「監視国家」への舵を切ることが「健全でのびやかな自由主義」の観点から正しいのか。よく考えねばなるまい。

 (あえば・じきどう=幸福実現党広報本部長代理)

⇒zakzak :【饗庭直道 いざ!幸福維新】日本人よ「徹底監視社会」に耐えられるか!
[PR]
by happyscience | 2010-07-30 22:03

『神々が語る レムリアの真実』本日発刊!

c0190267_8593851.jpg
主な内容)
約3万年前に実在した大陸レムリア(ラムディア)は、なぜ沈没したのか――
ギリシャの神ゼウス、九次元大霊マヌが神秘のベールに隠された歴史を語る。
 
目 次)
第1章 感性の文明が栄えたラムディア
    ――ゼウスの霊示
第2章 地球文明と宇宙人の関係
    ――マヌの霊示






紹介URL⇒http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0284.html

[PR]
by happyscience | 2010-07-30 09:02

『日本を救う陰陽師パワー』本日発刊

c0190267_8561472.jpg
主な内容)
卓越した霊能力によって、平安時代に一世を風靡した安倍晴明。その師であり、六大神通力を駆使した賀茂光栄。

千年の時空を超え、日本最強の陰陽師、降臨!

目 次)
第1章 宗教パワーが日本を救う
    ――安倍晴明の霊示
第2章 光の国の実現を目指せ
    ――賀茂光栄の霊示





紹介URL⇒http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0285.html

[PR]
by happyscience | 2010-07-30 08:58

最近、いい仕事している週刊ポスト。

c0190267_1445759.jpgここで、週刊ポストを応援するのもなんですが、最近、孤軍奮闘し、いい仕事をしている週刊ポストの特集を紹介したい。

一つ目は、今回、黒川白雲氏のブログでも取り上げている週刊ポスト(8/6号)の「IMF『消費税15%提言』報道に財務省ヤラセ疑惑」。

IMFの消費税15%増税提言の影に日本サイドの財務省官僚の思惑が見え隠れしている。

IMFがなぜ消費税15%を提言してくるのか、実に、大きなお世話だが、なんてことない、財務省の天下り官僚がIMFにいるのだ。その官僚を通じ「消費税15%提言の外圧があれば消費税増税を受け入れざるを得ないだろう」と考え、画策したのだろう。

もうひとつは、以前も当ブログでも指摘していたが、「官房機密費問題」も、この週刊ポストの特集だ。

大手マスコミ関係者は、長年に渡って「官房機密費」に毒されているので、何も言えなく口をつぐみ、焦点そらしに奮闘している。記者クラブにも所属していなく、まともに相手にもされない週刊ポストは、おかげで「官房機密費」に毒されることもなく、大手マスコミを相手に特集を組んで奮闘しているのだ。実に頼もしい。大いに大手マスコミを浄化してほしい。

次の特集として「徹底追及!大手マスコミ クレーム隠蔽問題!」とか特集でやったらどうか。スクープ連発できるのではないか。ネタは尽きないだろう。

例えば、「スクープ!主要マスコミの消費税を上げないという菅政権との密約が存在!クレーム殺到!」とかどうか。

ということで、先ほど、週刊ポスト編集部宛てに、徹底追及してほしいということで、上記の企画をメールしておきました(笑)!

[PR]
by happyscience | 2010-07-29 02:00

米英仏、広島平和式典初出席へ 

 広島市で8月6日に開かれる平和記念式に、核保有国の米、英、仏が初めて出席することになった。在京大使館関係者が明らかにした。「核なき世界」をめざす構想を示しているオバマ米大統領の新たな核政策が3カ国の出席に影響したとみられる。特に原爆を投下した米国の出席は被爆者らの注目を集め、原爆投下正当化論の強い米国内にも波紋を投げかけそうだ。

 広島市は1998年から核保有国あてに、05年以降はその他の国へも式典への招待状を出しており、これまで核保有国ではインド、パキスタン、ロシア、中国が出席。事実上の核保有国であるイスラエルは09年に初出席した。出席してこなかった米英仏は、米ロが4月に新たな核軍縮条約に署名するなど、核軍縮・核不拡散の機運の盛り上がりを背景に、広島の式典への参加についても協議してきたとみられる。仏は臨時代理大使を派遣する方針をすでに表明。米英は大使館関係者が出席するとみられる。

 在京大使館関係者は「オバマ大統領の存在が大きい。(核なき世界をめざすと表明した昨年4月の)プラハ演説以降の核廃絶への動きが、各国の外交にも影響しているということだろう」と話している。

 今年の式典には、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長や国際原子力機関(IAEA)の天野之弥(ゆきや)事務局長も初めて出席する。
(「asahi.com」 2010年7月27日3時3分)




広島は、今年で65回目の広島平和式典を向かえる。オバマ大統領のプラハでの演説「核なき世界」を受けての影響で、米英は大使館関係者が出席することとなった。このことは、広島の被爆関係者からみれば、感情的な問題をはらむかもしれないが、はやり、大きな前進というべきものであろう。

私は、広島育ちなので、毎年、いつもの夏が来たとしか思っていなかったが、この年になって見えてくるものがあった。国防のあり方だ。

広島は、原爆の被爆を受け、悲惨な状況に陥ったが、みごとな経済的な復興を成し遂げた。しかし、核問題に対して、どのような備えをしなければいけないのかということにおいて、もう一段、世界に対して力強いメッセージを発信しなければいけないと思う。

現実を見据えた国防政策の在り方だ。まず、日米同盟が平和をもたらすということだ。北朝鮮の核の脅威、中国の軍備拡張による中国の植民地化から日本を守らなければならない。

次に憲法9条を改正すべきだ。「自分の国を守る」ということを憲法で明文化できないのは、主権国家として悲しいことです。遅くとも2020年ぐらいまでには改正すべきです。

次に自衛隊法の問題です。今の自衛隊法では、攻撃を受けなければ反撃ができません。向こうが攻撃しなければ日本は手を出せないのです。特に、アメリカは軍事費を出来る限り抑えたいでしょうから、相当な被害がでないかぎり、アメリカ人が犠牲をはらってまで、日本を守るかという疑問もあります。国力相応の防衛力をつけ、自分の国は自分で守るという意思表示を示すべきです。

「いざとなれば実力行使も辞さない」という強い態度を堅持することによって、何も起きずに済む可能性もあります。

このような国防に対する議論が広島から発信されることを願います。

危機に立つ日本―国難打破から未来創造へ
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 172927


[PR]
by happyscience | 2010-07-28 00:00

夏といえば…







ぼちぼち、花火が始まりましたね。見に行かれましたか?

私は、まだなので、とりあえず、ここで観賞して、

どこかで、行こうかと思います。


もう、今年の花火大会も、どころどころアップされ始めていますね。

できれば、今年は、花火大会の撮影にチャレンジしてみたいですね。

だめなら、お庭で…花火大会。


花火大会は、ついでにと云ってはなんですが、

プレアデス星人の宇宙船でも登場して下されば、

『「宇宙の法」入門』も出版された年として、

宣伝にいいかなと願っていたりします(笑)。

「あれって、UFO型花火???」

「本物のUFOだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~!」 ( ̄□ ̄;)!!

みたいなことも、そろそろ、ありかと(笑)。

それで、ジャーン!

『「宇宙の法」入門』、『宇宙人との対話』!!

みたいに、そう簡単には、いかないか…。



あのピラミッド型のUFOは、プレアデス星人だったようで、

先日の「宇宙人との対話」のなかで、言ってましたね。

7000年前、プレアデス星人との同盟とかも結んでいて、今だ、有効だとか(大汗)。

エル・カンターレに悪さするものに警告をするみたい。

それが、この中国とかに現れている理由のよう…。


ん~、「エル・カンターレ」って、どれだけすごい存在なんだろう。

ちょっと、宇宙人まで「エル・カンターレ」の教えを学びにやってくる。計り知れない…。


ということで、宇宙人シリーズがこの夏はありますので、拝聴をお勧めいたします。


私の個人的な考えですが、

宇宙人シリーズの公開は、9月の民主党の代表選と関わっているような気がするんですが…。


[PR]
by happyscience | 2010-07-27 00:08

【幸福実現党】党首交代について

c0190267_5471252.jpg


2010/07/23 党首交代について発表しました。
内容〔PDF〕


【石川悦男前党首からのメッセージ】

c0190267_625942.jpg平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
私、石川悦男は7月20日をもって、党首を辞任させて頂くこととなりました。

4月21日に党首に就任し、3ヶ月という短い期間ではございましたが、党員の皆様より力強いご指導ご支援を賜り、参院選を戦い抜くことができましたことを心より感謝申し上げます。

しかし、今回の参院選におきまして、党員の皆様より多大なる御支援を賜りながら、議席獲得という結果を出せなかったことは、ひとえに私の不明不徳の致すところであり、今回、党首辞任という形で責任を取らせて頂きます。

後任につきましては、立木秀学氏が新党首に就任して頂くことになりました。
立木新党首は、38歳という若い党首ですが、東大法学部で政治を深く学び、財務局で経済・金融にも精通しており、志、情熱、リーダーシップ、政策において何一つ申し分の無い「日本の未来を担う人材」であることを保証致します。

私自身は幸福の科学 総本山・正心館館長に赴任致します。
幸福実現党は危機に立つ日本を救い得る唯一の政党です。今後とも、幸福実現党へのご指導ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

石川 悦男
 

【立木秀学新党首からのメッセージ】

c0190267_5522984.jpg皆様、初めまして。幸福実現党党首を拝命致しました立木秀学と申します。

この度の参議院選挙におきまして、党員の皆様より多大なるご尽力を賜りましたことを心より感謝申し上げます。

また、結果として力足らず、議席を獲得することができなかったことをお詫び申し上げます。

しかし、私たち幸福実現党は、自らの利害を顧みることなく、正義と正論を貫いて、鳩山・小沢体制を打ち破り、菅政権の支持率を低下させ、民主党の大敗、保守回帰を実現することができました。

幸福実現党としては今回の参院選の戦いをしっかり反省し、教訓を学び尽くし、次回の勝利へと繋げて参ります。

私は38歳という若輩者ではございますが、政治・経済についても長く学んできており、また、未来を創造していくチャレンジ精神、忍耐強さ、打たれ強さについては、誰にも負けないものがあると自負しております。

戦いは、まだ端緒より一年、始まったばかりです。戦いをやめるつもりは一切ございません。

幸福実現党ある限り、この日本に「希望の灯」が消えることは決してありません。

幸福実現党の目標は「第一党」以外、あり得ません。

皆様と共に、迫り来る国難から日本を救い、日本を自由と平和と繁栄に満ちた、世界のリーダー国家と成していくことをお誓い致します。

幸福実現党役員、候補者一同決意を新たに、日本の未来のために戦い抜く所存です。
何卒、一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

立木 秀学

[PR]
by happyscience | 2010-07-25 05:54

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience