<   2009年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

大川隆法総裁の書籍『創造の法』発刊(12/21)のお知らせ

c0190267_1319795.jpg

[PR]
by happyscience | 2009-11-30 13:21

国債44兆円「自信ない」=仕分け了承へ、30日に刷新会議-仙谷担当相

仙谷由人行政刷新担当相は29日、テレビ朝日の番組に出演し、2010年度の国債発行額を44兆円以下に抑える政府方針について、「あまり自信がない」と述べ、実現は厳しいとの認識を示した。政府は30日、行政刷新会議を開き、約1兆8千億円の無駄削減が可能とした事業仕分け結果の報告を受け、予算編成作業を本格化させる。
 同時に、仙谷氏は、国債発行を極力抑制するため、独立行政法人の余剰金などの「埋蔵金」や政府施設の利用料といった「税外収入」の一層の確保に努める方針を強調、「埋蔵金的なものをどこまで掘り出してくるかだ。目標値は10兆円だ」と述べた。
 税外収入の原資となる埋蔵金については、事業仕分けで、1兆円超が「国に返納すべきだ」と判定された。30日の同会議では、埋蔵金の扱いも含め仕分け結果は大筋で了承される見通しだ。ただ、「限りなく見送りに近い縮減」と判定された次世代スーパーコンピューター開発費(268億円)など科学技術予算の扱いは見直される可能性がある。(2009/11/29-16:46)

民主党の支持率が65%位らしいのですが、テレビでのパフォーマンスの一定の効果はあったようだ。しかし、内容を見ていくと投資対象になるものとそうでないものとの選別があいまいだ。そもそも、財務相が準備した資料で漢字が読めない場面もあったようだが。

プレゼンで突っ込まれ、答えに窮してしまうと、削減されるような、よくわからん状態。スーパーコンピューター開発費が必要だと訴えられると、翻ってしまうし、これでは、自ら民主党不況を起こしているようにしか見えない。

私は、この行政刷新については、ゼロベースで考えるべきだと思う。それは、今やっていることも一つだと思うが、問題解決のレイヤーのレベルが浅すぎる。問題は、根本的なものがあって、それが現象として、いろいろな問題の現象を生んでいる。ほんとうのプロブレムソルバーがやると、深い根本的な問題を、一つか二つくらいの共通項をもった問題を抽出し、その根本的な部分の改革をする。表面的な現象をいくら追い回しても次から次へと問題は出てくるものだ。

例えば、コンピュータのシステムなど、それぞれの省庁の部署や地域の部署で、ITゼネコンに発注して独自で持っているところが多い。どこも、ほとんど似たような仕事をしているので、中央で中心的なものを作ってしまって、クラウドコンピューティングにしてしまえば、大抵のことはネット経由で事足りる。今の5分の1くらいの経費でいけるのではないか。それを、それぞれが勝手きままに作っているので、そこでしか使えなかったり、ITゼネコンはITゼネコンで、前に作ったものでも、いかにも0から作りあげたように、ここの住民は何人くらい住んでいるので、いくらとかいう調子で甘い汁をすっている。どうしても、オプション的に必要なところだけ、対応できるようにするくらいでいいはずだ。

仕事量に対する人員配置にしても、0.3人分の仕事に対して、必ず1人がつく。1.2人分は2人という具合。民間であれば、2.5人分なら余裕で1人だという具合だと思う。

こういう無駄がそこらじゅうにあるはずで、そんなところにメスを入れてほしいのだ。ダムも意味なくやっているところも分かってはいるけれど、住民と何十年も話をして決めたことをいきなり白紙撤回もいかがなものか。ダム御殿を立てた人はラッキーと思っているだろうが、計画が中止になった住民は、文句をいいたいだろうが、言うにいいにくい苦情だ。

ダム建設の現場で働いている人は、たいてい、プロジェクトできている人たちで地方から出稼ぎのような人までいる。そういう人の仕事がいきなし、ブチ切られるというわけだ。ここで失業者が発生するしくみになっている。

結果的には、目標の3兆円はマスコミも言わなくなって、1兆8000万。ついに、国債44兆円超えるんですか。一体、この人たち、自民より金遣いが荒いんですが…。日本の格付けが降格決定ですな。日本への投資が引いていきますな。誰に頼まれたわけでもなく勝手に自滅する、This is ニッポン

[PR]
by happyscience | 2009-11-30 00:36

『坂本龍馬・勝海舟の霊言』発刊(12/14)のお知らせ

c0190267_2304295.jpg

幸福の科学グループ創始者大川隆法総裁を通じて
霊天上界から直接降ろされた坂本龍馬・勝海舟による青年たちへの熱きアドバイス!

【目次】
第1章 伸び伸びと生きよ
     坂本龍馬の霊言
第2章 大器の条件
     勝海舟の霊言

[PR]
by happyscience | 2009-11-23 02:35

幸福実現党 参院選も「全国で候補者擁立」

幸福実現党(木村智重党首)は22日、都内で党大会を開き、来夏の参院選で全選挙区での候補者擁立に向け、候補者の選定作業を進める方針を確認した。12月上旬をめどに数十人規模の第1次公認を発表する予定。大会で木村氏は「全国での立候補者擁立を念頭に置き、積極的にチャレンジしていく」と述べた。

今月末で民主党政権も3か月を迎え、ハネムーンもいい加減終わりにしてはどうでしょう。

この3か月を振り返ると、一気に左翼化したのみならず、概算要求額は過去最高、行政刷新会議で3兆円の刷新を目標にと言ってやっています。税収も40兆円を割るのではという状況で、92兆円とは、どういう神経なのでしょうか。過去最大の大きな政府になってしまいました。

民主党の新人議員が行政刷新会議のメンバーに選出されました。「新人議員が分厚い資料から刷新部分を見つけることができるのか」という主旨の闇将軍の一言で、小沢学校に送り込まれました。仙石氏以下、幹部は、小沢参りする始末。そもそも、そんな作業のできない議員を誰が公認したのでしょう。そういう作業もできない議員、公認した議員達をやめさせるべきで、小沢学校に通って勉強して給与をもらう。これこそ、議員もろとも刷新するべきでしょう。ゼロベースから考え、国防と減税による政策から組み立てるというくらいの発想でないといけません。

米英系格付け会社は、日本国債発行、44兆円大幅超なら格付け見直しを検討している。日本国債の格付けは上から4番目の「ダブルAマイナス」。「税収の落ち込みは政府や市場の想定よりも激しい」と指摘されている。マーケットは、闇将軍の一言でもコントロールできません。

闇将軍問題として、大変な問題になっているのが、「キリスト教、イスラム教は排他的」発言。国際的な宗教問題に発展。外交センスや常識がまったくない人が日本の最高権力者に君臨。世界宗教が生まれつつあるなかで、日本の仏教や宗教感が疑われる始末。

誰に頼まれたわけでもなく、後退する日本。それに環をかけるように、自民党の政策に短冊を付け続ける民主党政権。そういった状況の中、多くの人は全く気にも留めていないかもしれませんが、幸福実現党が再起動。不撓不屈の精神で、この日本が、世界が輝くまで「幸福維新」は続きます。

夢のある国へ-幸福維新―幸福実現党宣言5
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 175787


[PR]
by happyscience | 2009-11-23 02:11

法話「熱血火の如くあれ」

勇気の法――熱血 火の如くあれ
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 169214

勇気というものは、死を覚悟したときに出てくるものと考えたらよいのです。

仏教の言葉に、「不惜身命」という言葉があります。これは、「わが命、惜しまず」という意味であり、「死を覚悟する」ということです。

そして、人間は死を覚悟したときに初めて、「勇気とは何か」ということが分かり、勇気を出すことができるのです。

「勇気とは何か」を知りたくば、「自分は、いかに生きるべきか」ではなく、「自分は、いかに死ぬべきか」を考えればよいのです。

どのような一生を生き、どのような死に方をしたいのか。どのような最後を遂げたいのか。どのような人間として死んでいきたいのか。自分が死んでから後に、どのような人であったかと言われたいのか。

そうしたことを、自分自身に問うてください。そして、考えてください。その問いへの答えが、あなたに求められている勇気なのです。

どうか、22世紀の青年たちにも、私の言葉を伝えてください。「『勇気とは何かを知りたくば、死を覚悟せよ。そのときに勇気の内容が分かるだろう』と、大川隆法が語っていた」と伝えてほしいのです。

次の世紀には、また、新しい青年たちが出てきます。そして、その青年たちが、エル・カンターレ文明建設に向けて、次の新しい時代を創っていくのです。

今、20歳前後の人たちは、「新文明の創造」という志を彼らに伝えるためにも、今世紀を生き抜かなければなりません。

どうか、新しい時代を開くために、力強く生きていってください。
(2007年10月20日(土)東京正心館)

今日は、山口県萩市にある松陰神社宝物殿「至誠館」を訪れた。(御法話「熱血火の如くあれ」の支援霊、吉田松陰と伺っております)松陰神社宝物殿は、吉田松陰が安政6年に、安政の大獄により江戸で刑死、殉節されてから150年となる平成21年を迎えることを記念して10月28日に建立されたばかりです。

宝物殿の「留魂の間」には、吉田松陰が刑死される前日に書き遺した門下生・塾生への遺書『留魂録』(実物)が展示されています。直筆の書を観ていると、時空をこえて、吉田松陰の志や門下生・塾生、親兄弟を思う深い愛情がひしひしと伝わってきます。思わず涙が流れます。

「志」、「情熱」、「愛」、「勇気」とは、いかなるものかということを魂で感じさせてくれます。仏弟子であれば、一度は訪れてみたいところです。きっと、自己変革のきっかけとなることでしょう。

松陰神社宝物殿「至誠館」HP


[PR]
by happyscience | 2009-11-19 00:40

「成仏するのは仏教だけ」小沢幹事長

民主党の小沢一郎幹事長が16日の記者会見で、仏教観と文明観を改めて披露した。

10日に和歌山県の高野山金剛峯寺を訪れた際に、キリスト教を「排他的」「独善的」と指摘。これに対し、「日本キリスト教連合会」が「キリスト教に対する一面的理解に基づく、それこそ『排他的』で『独善的』な発言」と抗議文を送っている。

これを受けて小沢氏は16日、「(仏教の世界観では)生きながら仏にもなれるし、死ねば皆、仏様。ほかの宗教で、みんな神様になれるところがあるか。根本的な宗教哲学と人生観の違いを述べた」と説明。さらに、エベレストに挑んだ登山家の「そこに山があるから」という発言を引用し「西洋文明は自然も人間のために存在する考え方。(エベレストの)地元では霊峰としてあがめられて、征服しようという考え方はアジア人にはほとんどない」と語り、西洋思想は人間中心だが、東洋思想は人間が自然の一部だと強調。最後は「僕も君も、死にゃ仏になれるんだ、だから」と締めくくった。
asahi.com

先日の「キリスト教、イスラム教は排他的」発言に続き、今度は、「成仏するのは仏教だけ」発言が波紋を呼んでいる。先日の排他的発言を聞いたキリスト教、イスラム教の信仰を持っている人は、全く成仏できず、仏教だけが成仏すると極端に受け止めざるを得ない。この人は、仏教さえ知らず、他宗教について言及するのは、よけいなお世話だ。小沢氏の宗教的無知と外交センスのなさが露呈し、外交問題に発展しそうだ。

日本には数多く仏教系の宗教があるが、すべての信者が成仏しているかと言えば、実相は、そうではない。そもそも、教祖といわれる人が地獄に堕ち、なぜ、地獄に堕ちたのかが分からない教祖も数多くいるのが現実だ。仏教に限らず、宗教人口が人口よりも多いと言われる日本であるが、死後、半分以上は、いわゆる、天国という世界に還れていない厳しい状況だ。

仏道修行者であれば、八正道や六波羅蜜多などの修行を、日々、実践し、悟りの向上と仏国土建設に邁進してこそ、成仏の可能性がでてくるというものだ。まして、生きながら仏になれるということは、地上にありて仏の心を心として、日々、実践の中にある方には、菩薩の可能性があるが、仏ということはありえない。小沢氏が言うほど簡単なものではない。

「僕も君も、死にゃ仏になれるんだ、だから」。何にもしないでも仏になれるんなら、修行や努力する意味がない。こんな教えで人が、堕落するわけです。先日の渡部昇一氏の言葉で言わせてもらえば、「いまの民主党は『自助論』とは、逆行し危険だ」。自助努力をなくす方向へ持っていくのが、悪魔のささやきだということを肝に銘じるべきだ。

【関連ニュース】
「独善的」発言でキリスト教連合会が小沢氏に撤回要求の抗議文
小沢氏が「キリスト教は排他的」撤回せず
「文明論言っただけ」=キリスト教発言で説明-民主・小沢氏


【関連書籍】
沈黙の仏陀―ザ・シークレット・ドクトリン
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 185041

仏道の修行とは、いかなるものか、小沢氏は勉強したらどうか。
[PR]
by happyscience | 2009-11-17 22:39

法話要旨「反省と救いの光について」

超・絶対健康法
超・絶対健康法
posted with amazlet at 09.11.17
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 81546

動物霊が、常時、憑いていると、まず、幽体の一部に影がさしてきて、その部分に病変が起きてきます。

幽体は、肉体とそっくりの形で、すっぽりと入っていますが、この部分に影がさしてくると、次に肉体の具合が悪くなってくるのです。

幸福の科学で修行をしていると、このたぐいのものは、比較的早いうちに浮き上がってきて、反応が出始めます。

『正心法語』のCDは全編で30分くらいの長さですが、それをかけただけで、たいていの動物霊や悪霊は憑いていられなくなるはずです。

基本の形式としては、仏陀への信仰を立て、そして、自らに間違いがあったならば反省をすることです。反省によって、その罪の部分が晴れ、天上界から光が入ってくるのです。

そうすると、憑いている悪霊などが取れてきて、健康で幸福な毎日を送れるようになるのです。

原則として、信仰を立てて反省をすれば、病気は治るはずなのです。よほどのものでないかぎり、たいていは治るので、医者が、「絶対に治らない」と言っても、話し半分に聴いて下さい。

それは、「唯物論的には治らない」と言っているだけであり、信仰心によって異次元の力が加われば、治るようになるのです。

ただ、基本的には、「毎日毎日を、健康で幸福に生きていること自体が、本当は最大の奇跡である」ということを、どうか、忘れないでください。

その意味で、感謝をベースにして生きていくことが大事であると思います。
(2008年10月19日 岐阜支部精舎にて)

[PR]
by happyscience | 2009-11-17 11:52

法話要旨「堂々とした人生」

国家の気概 -日本の繁栄を守るために
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 206158

坂本龍馬が特に力点を置いて言っていたことは、外交・国防関係についての意見です。「例えば、中国が台湾に武力侵攻をしたり、南北朝鮮が対馬を占領したりしたら、日本はどうするのか」ということです。

これに対しては二つの方法が考えられます。
一つは平和的な方法です。日本と同じように幸福の科学の考えを押し広げることによって、「文化を学び、共有する」というかたちで、民衆のレベルでの結びつきを深め、彼らを導いていくという方法です。

もう一つの考え方として、坂本龍馬は、「そういう平和的な考え方もよいが、防衛や外交の構えはつくるべきである」と言っていました。
「2007年の参院選で自民党が負け、憲法改正がかなり遠のいてしまったので、日本の防衛は、かなり厳しくなってきた。民主主義国であれば、国防についても言論が立ち、議論を尽くせるようになっていなければいけない。憲法九条を変えるとしたら、『日本は独立国家として固有の防衛権を有する』と、きちんと宣言すべきだ」
また、「日本が外交的に孤立しないように、世界戦略を立てるべきだ」とも言っていました。
「いろいろな国(インド、モンゴル、ロシア、オーストラリア、カナダ、ブラジル、イギリス、ドイツ、中国の一部都市等)と友好関係を築き、ネットワークをつくっておかないと、日本を独立国家として守り、繁栄させていくことは難しい。だから、いろいろなことを考えておきなさい」

私としては、宗教のレベルで、やるべきことをやろうと思っています。幸福の科学の思想を全世界二百カ国に広げ、各国の人々の交流が進むような未来ビジョンを持っています。(2008年2月16日 高知支部精舎)

ここ最近、民主党の問題をあげると切りがない。宗教に関連して言えば、小沢氏が記者団に対して、「キリスト教文明は非常に排他的で、独善的な宗教だと私は思っている」(読売新聞)と言い、欧米社会の行き詰まりがキリスト教を背景とした文明の姿を示しているなどと語り、また、「キリスト教よりましだが、イスラム教も排他的だ」(共同通信)と述べ、イスラム教よりもキリスト教へ対して批判的な姿勢を示した。これが、海外のメディアに翻訳され駆け巡っている。

仏教については、人間としての生き方や心の持ち方を原点から教えてくれる、などと称賛したようだが、キリスト教やイスラム教の排他的発言からすると、小沢氏の心の中の本音は、そうは思っていないのではないかと推察される。なんてことない来年の参院選をにらんだ票を今から開拓しているだけのことで、キリスト教系のところへ行けば、仏教は…といいかねない。

民主党には、幸福の科学の会員もいるそうですが、 仙谷由人氏は、民主党の中で会員を探しだし、会員をやめろと吊るし上げていたそうです。ほんとうに仏教は素晴らしと思うのなら、そんなことは絶対にありえない行為でしょう。他ならない民主党自身が、一番、排他的であるのではないですか。


【関連書籍】
自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直
幸福の科学出版
売り上げランキング: 15841

口語訳された渡部昇一氏の話の中で、この本が100万部売れるとようだと日本は間違いなく変わると話していました。現在、左翼化する民主党政権について、自助論が軽んじられる方向に行くことに危惧されておられました。

衝撃! EUパワー 世界最大「超国家」の誕生
大前 研一
朝日新聞出版
売り上げランキング: 35

小沢氏は、キリスト教、イスラム教による他国の行き詰まりを言う前に、自国のことを心配したほうがいいのではないですか?人口、GDPでアメリカを上回り、EUは世界一の経済圏となった。もはやEUを知らずして現在の世界経済は語れない。経済大国2位の日本は、2010年、4番目に後退する。EU大国が誕生し、アメリカを中心とした社会からEU国家へと意識転換していかなければいけません。
東アジア共同体構想は、ことあるごとに迷走し、一体、何を目指しているのか。EU国家ができるまでの歴史とプロセス、苦労を鳩山氏は勉強すべきだ。

[PR]
by happyscience | 2009-11-15 20:58

法話要旨 「明るく生きよう」

不惜身命-大川隆法 伝道の軌跡

幸福の科学出版
売り上げランキング: 78435

あなたの心のなかにたまっている、恨み心や悲しみの心、人のせいにする心、「環境が悪いために、自分は不幸になったのだ」と思う心は、理由をつけても、どうにかなるものではありません。

どんな問題であっても、過去に起こったことのせいにすれば、理由はつきます。しかし、それでは何の解決にもならないのです。

過去の出来事については、終わったことなので、もう変えることはできません。変えることができないことと闘っても、しかたがないのです。

あなたは、変えることができることにトライすべきです。事実を変えることができないならば、考え方を変えましょう。心の向きを変えましょう。それはできるはずです。心のなかのことは自分自身に完全に委ねられているのです。

確かに、人の影響はあります。環境の影響もあります。過去の事件の影響もあるでしょう。大勢の人が一緒に生きているのだから、影響がないはずがありません。しかし、そういうものに負けてはいけないのです。

言い訳をしないで、「ただただ明るく生きよう」と決意してください。「毎日、少しずつ、自分の心を鍛え、自家発電できる強い自分になっていきなさい」ということです。そうすれば、人生は変えることができますし、周りも変えていくことができます。

心のというものは、光と同じように、十倍、百倍と、いくらでも強くなっていくのです。

今日は、ビジネスの関連で映画に観に行ってくれた方々とお話しをする機会がありました。「映画、どうでしたか?」と聞いたところ、Oさんは仏教には興味がもともとあって、この映画を観たかったそうで、「目に見えない世界はあるし、目に見えないものに大切なものがある。みんな、どこかで信じているよね。そして、みんな繋がっているんだよね」、Sさん「怖い場面の印象が強くて、不安になったときに怖い場面が思い出されるんですよ~。でも、映像がすごくきれいだったのが、びっくり」。もう、一人のKさんは、セカンドランで知人と行かれるそうで、楽しみにされているようでなによりです。

Oさんは、ビジネスでは、大きな成功と失敗も経験していらっしゃる方でしたが、今は、成功し、屈託のない明るさをお持ちの方。お話を伺っていると、地道な努力をされていて、自分の境遇や環境のせいにすることなく持前の明るさでビジネスを成功されたようです。「成功するまでやめないことだよね」と笑いながら語りかける言葉が印象的でした。

私とも深い縁をすごく感じると言っておられましたが、それは、きっと、そうなんでしょうね。


【関連書籍】
幸福の革命―心の力が未来を変える
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 421034

明るい未来を拓いていくための考え方が明快に示された、「成功人生へのガイドブック」。現代的成功理論から仏教的な心の教えまで、幸福の科学の思想が集大成された基本書。
[PR]
by happyscience | 2009-11-15 01:36

ハピテレ 11月15日(日) 渡部昇一氏 「自助論」の神髄を語る

幸福の科学 衛星配信番組「ハピテレ」配信c0190267_10554584.jpg
渡部昇一氏登場! 
「自助論」の神髄を語る

11月15日(日) 11時~12時(予定)
幸福の科学支部・拠点・布教所で衛生生中継


自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直
幸福の科学出版
売り上げランキング: 61440

◆特集「思春期の子育て」
 反発・反抗し、3年間家出していった娘が戻ってくる感動の再現ドラマ、復活!

◆新企画 TOKMA 出会い旅
 「Love Fight」のTOKMAがギター片手に一人旅。全国の元気な百歳会を訪ねます。

◆オススメ映画コーナーも新登場!!
 マヤの予言がテーマの超大作「2012」を紹介。

◆「幸福実現党ニュース」
毎月 第3日曜日 朝11時から、ここでしか見られない感動をお届けします!
みなさん、お楽しみに♪

【関連書籍】
自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直
幸福の科学出版
売り上げランキング: 59902


フランクリー・スピーキング―世界新秩序の見取り図を語る
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 451474

幸福の科学が注目を浴びはじめた頃、日本のメディア、及び、海外一流紙のインタビューを第1部に収録。第2部では、130ページにも及ぶ渡部昇一氏との対談「霊的生活」と「知的生活」を収録。政治について、宗教について、言論について…など文字通り「率直」に語る内容です。

知的生活の方法 (講談社現代新書 436)
渡部 昇一
講談社
売り上げランキング: 6841


[PR]
by happyscience | 2009-11-13 11:05

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧