<   2009年 08月 ( 66 )   > この月の画像一覧

幸福実現党 ニュースリリース 総選挙の結果を受けて 

(「幸福実現党ニュースリリース」より転載)
2009年衆議院議員選挙においては、当選者を出す結果には至りませんでした。私どもの政策に賛同して下さり、この暑い夏を共に走り続けて下さった支援者の皆様にお詫び申し上げるとともに、国民の皆様から頂いた多くのご支援に、心よりの感謝と御礼を申し上げます。

立党してより約3ヶ月、国防や経済問題等、日本が直面する内憂外患の危機を回避し、これからの日本に必要な未来ビジョンを示すべく、私たちは戦って参りました。

今回、小選挙区で107万票の得票を頂くことになりました。しかしながら、当選者を出すにいたらなかったことは、立候補者名、党名の定着・浸透が不十分で、政権交代選挙の前では通用しなかったためと真摯に受け止めたいと考えます。また、選挙区によっては、母体である幸福の科学の信者数にもはるかに届かない得票数もあり、信者の信仰と政治選択に分離があるものと思われました。

根本的には、本党の主張した正論が国民に十分には理解されなかったものと思われますが、国難への警鐘を鳴らしたという点で、宗教政党としての重要な使命は果たしえたと思っております。また、この選挙戦を通じて、既存政党に替わる“新しい選択”としての「幸福実現党」への国民の皆様のご期待を肌で強く感じることができました。

今後、慎重に検討を重ね、次回参院選に挑戦する折には、適性ある候補者を選び、事前の政治活動を充実させていきたいと考えます。今後とも皆様のご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

2009年8月31日
幸福実現党幹事長
小林早賢


以上、ニュースリリースです。

黒田布教所を通じて、応援して下さった皆様、ほんとに、ありがとうございました。
選挙結果は、厳しいものでしたが、応援いただいたことは何より励みになりました。
選挙戦の経験知を踏み台にして、さらに、精進をしてまいりますので、
これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。
黒田布教所

[PR]
by happyscience | 2009-08-31 23:32

中国軍事力白書2009年版について 議会向け年次報告書

こんにちは。
すでに投票にいかれましたか?
私は、昨日に投票を済ませて、午前中は、お仕事の準備をしておりました。
本日は、開票の立会人に任命されておりますので行ってまいります。

さて、今回の選挙の争点として、政権交代だとマスコミが言っておりますが、まあ、それも国民の関心の中心ではありますが、国益を考えた観点からは、今回の政策の争点は、国防問題を抜きには成り立たないでしょう。

ですから、世論がどのようであれ、今日は、現実問題としてある、中国軍事力白書2009年版を紹介することにいたしました。これは、平成21年度に米国国防長官府が米国議会に提出した「中華人民共和国の軍事力」についての年次報告書に基づき、世界の動向をも踏まえ見解をまとめたものです。

「中国の軍事力について日本の識者にも理解を深めて頂く目的で、平成19 年度及び平成20 年度の過去2 年間にわたり、『中華人民共和国の軍事力』についての年次報告書を和文に翻訳。本年度は、今年3 月に提出された年次報告書と過去2 年間の報告書との間に重複する箇所が多くあることから、相違点に焦点をあてた形での最新の年次報告書の要旨を作成することにいたしました。その結果、谷口智彦氏(慶応義塾大学大学院SDM 研究科特別招聘教授)に極めて情報量の多い、また貴重な示唆を含む本書をとりまとめて頂くことができました。中国の軍事力の動向を理解するために、多くの方々に、是非、本書を活用して頂きたく存じます。
なお、本書に盛り込まれた見解は、財団法人 日本国際問題研究所の意見を代表するものではないことを申し添えます。」「(「はじめに」より転載)

中国軍事力白書2009年版 米国国防総省長官官房編
 「中華人民共和国の軍事力・2009 ~議会向け年次報告書~」


この内容で注目すべきは、従来から中国軍が進める「接近阻止、領域拒否」能力の充実に加え、「核戦争、宇宙戦争、サイバー戦争」能力をもつことが中国軍近代化の目玉となっているという事実であり、そのことがとりもなおさずアジア太平洋を超える意味合いを持ちつつある現実であることです。

中国が持つ巡航ミサイルのカバレッジですが、いかに日本とインドが直接威圧的な対象となっているかが、以下の図でわかります。
c0190267_14513478.jpg

詳細は、資料をご覧いただきたいのですが、これが、周辺国の現実であり、今の日本の政治家は、いかに日本が置かれている状況が見えていないかということになります。すでに、軟禁といますか、恐喝といいますか、人質にまるごと国家が取られているような状況にあります。

国民に対する「国防」に関する調査では、関心のある人は、約2%です。それを選挙の争点にすると、まったく、投票数には、結びつきません。しかし、国民の生命と安全、財産を守るのが、まず、第一であるならば、決してはずしてはなりませんし、有事の際の具体的なシュミレーションのための手を考えておく必要があります。

特に、北朝鮮をバックアップしているのが、この中国ですから、軍事バランスを考えて置かなければ、チベットの人々のように一気に弾圧、植民地化されることは、間違いありません。

非核三原則で核を持ち込んでいないかという調査をすると鳩山氏は言っておりますが、それを一番、喜んでいるのは、金正日でしょう。

明るい未来を拓くために、智慧と勇気ある政治家の出現が急務です。


[PR]
by happyscience | 2009-08-30 14:47

幸福実現党 大川隆法総裁 街頭演説〔PDF〕

2009/08/29
大川隆法総裁は、29日、京都(阪急河原町駅前)、神戸(阪急三宮駅前)、大阪(南海難波駅前)にて演説を行いました。
京都・河原町駅演説〔PDF〕 神戸・三宮演説〔PDF〕 大阪・なんば演説〔PDF〕

2009/08/28
大川隆法総裁は、28日、和歌山、大阪市にて演説を行いました。
和歌山・田辺演説〔PDF〕 大阪市役所前演説〔PDF〕

2009/08/27
大川隆法総裁は、27日、東京・有楽町にて演説を行いました。
東京有楽町演説〔PDF〕

[PR]
by happyscience | 2009-08-29 23:59

諸葛亮孔明の提言

以前、エントリーした記事ですが、再度、改めて掲載することにしました。

私たちの幸福実現党の立党の理由として、今、日本が置かれている国難をいかに救うかという一点にあります。しかし、いま、国難にあるという認識が自民党にも民主党にも、マスコミにもまったくありません。

その国難とは、一体、何であるのかが、まったく、わかっていない人たちには、政権が交代するかどうか、あるいは、政権を維持するかどうかということを中心とした発想以外にでるはずもありません。

よく第三者の視点で見るとか、新しい視点、新しい発想を持つことが必要であるといいます。仏教では、無我という言葉を使います。禅寺などでは、頭をからっぽにして何も考えない状態のことを指導しているようですが、実は、自分と他人が一体の境地であったり、あるいは、この地上にあって、天上界の菩薩や如来と言われる高級霊の心を心として生き、その心でもって、他の人々の幸福を祈る心や行為というのが、真実の無我であります。私たちは、無我であることが、今、求められています。

今、時代は風雲急を告げ、国難の中にあります。天上界の幸福の科学の指導霊団のお一人である諸葛亮孔明様より、日本国民に対して提言がなされました。この提言を受け止め、我が心とするかどうか、天の声と信じるかどうかは、地上にある一人一人の判断に委ねられています。

私たち仏弟子の大きな使命として、仏の言葉を天の声をあまねくすべての人々に伝えるという使命があります。お一人お一人の心に届けるのが使命ではありますが、いかんせん、まだ、まだ、非力な私たちであることは否めません。

しかしながら、間違いなく伝えております。いかなる非難や中傷が山と積まれようとも、 伝え続けております。来世において、「そんな話は、聞いていない。聞く機会がなかった」という人がいないように、さまざまな活動を通じて、伝えております。

帰天後、ほとんどの方々は、縁のある方々と共に、必ず自分自身の人生を振り返る時がやってきます。心のなかで考えたこと、実際に行ったこと、誰も知らないと思うようなこと、すべて、白日のもとに嘘偽りなく、さらされることになります。その時に、自分の人生が、拍手喝采されるか、それとも、大変な人生を送ってしまったと後悔をすることになるかは、この地上の人生での、さまざまな機会の思いや判断、行為の積み重ねにあります。

現在の政治家、マスコミ関係の方も含め、より多くの人々がよい人生になることを願い、「諸葛亮孔明の提言」を贈ります。


続きを読む
[PR]
by happyscience | 2009-08-29 23:49

幸福実現党 大川隆法総裁 大阪市役所前 街頭演説 手話通訳

幸福実現党 大川隆法総裁による大阪市役所前街頭演説での手話通訳です。



[PR]
by happyscience | 2009-08-29 22:26

幸福実現党 大川隆法総裁 名古屋金山駅 街頭演説


[PR]
by happyscience | 2009-08-29 22:25

sohken.TV 北朝鮮国境ルポ

北朝鮮の背後には中国がいる!?
危険が迫っている当の日本人が知らない北朝鮮と中国の深い関係。
マスコミや世論が論議しない中、日本の国難状況を明らかに示している国境で
入手した情報をお伝えする「真実報道」







◆衆議院比例選出議員選挙(比例代表)の「幸福実現党」政見放送
http://www.youtube.com/watch?v=g8iN3NGr-TQ&feature=related

【関連ニュース】(asahi.comより転載)
中国、空母建造に着手 初の国産、15年完成目指す
【北京=峯村健司】中国軍が上海など6カ所の工場を使い、初の国産空母の建造に着手したことがわかった。複数の軍と造船会社の関係者が明らかにした。国家中央軍事委員会幹部が今年4~6月に各工場を視察し、責任者に空母建造の指示と計画概要を伝えた。2015年までに5万~6万トン級空母の完成を目指す。

 胡錦濤(フー・チンタオ)指導部は10月1日の建国60周年記念式典を前に、海軍の長年の悲願であり、国威発揚にもつながる空母建造に踏み切った。式典に合わせて建造着手を宣言することが指導部内で検討されていたが、「公表すれば周辺国の脅威論をあおりかねない」(中国海軍幹部)という慎重論が強まっている。

 軍関係者によると、空母と、それを護衛する艦船などの船体は、主に上海の江南造船で建造される。遼寧省大連、四川省成都、湖北省武漢、浙江省杭州、甘粛省蘭州にある軍需工場では、電力制御システムやレーダーなどの関連部品を製作している。各工場でつくられた部品や装置は江南造船に集められ、最終組み立てが行われる。

 空母専用に350億元(約4803億円)をかけて設けられた江南造船の第3ドックは、長さ約580メートル、幅約120メートルで中国最大級。約8万人の作業員が集められ、鋼材のさび止め塗装などの作業を始めている。秘密保持のため、構内には国家安全省の職員や警備員を配置している。

 江南造船関係者は「必要な設備はすべて整った。建造は順調に進んでおり、海軍側からは急ぐように指示されている」と明かし、週末も無休で作業をしている。

 中国海軍はソマリア沖での海賊対策に艦船を派遣するなど今年から本格的な遠洋進出に乗り出した。空母建造は公表していないものの、梁光烈国防相が「大国で空母を持っていないのは中国だけで、永遠に持たないというわけにはいかない」と述べるなど、軍幹部の積極的な発言が相次いでいる。(2009年8月29日4時1分)

(NIKKEI NETより転載)
北朝鮮製武器をイランに運搬 UAE、積載船を拿捕
【ニューヨーク=共同】英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は28日、アラブ首長国連邦(UAE)が数週間前、イランに向けた北朝鮮製の武器を積んだバハマ船籍の船舶を拿捕したと報じた。国連駐在の外交官の話として伝えた。

 同紙によると、今年5月の北朝鮮による2回目の核実験の後で採択された国連安保理決議第1874に基づく制裁措置。

 報道によると、積み荷からは、決議で禁制品とされた手りゅう弾などの武器が発見された。これらの武器は「機械部品」と銘打たれていた。

 同船は拿捕後、UAEに係留されたままという。(08:14)

[PR]
by happyscience | 2009-08-28 14:01

幸福実現党 大川隆法総裁 東京 自由が丘 街宣





幸福実現党 大川隆法総裁による各地での街頭演説の概要を、
幸福実現党HPのニュースリリース〔PDF〕にてご覧になれます。

◆衆議院比例選出議員選挙(比例代表)の「幸福実現党」政見放送
http://www.youtube.com/watch?v=g8iN3NGr-TQ&feature=related


[PR]
by happyscience | 2009-08-28 01:35

幸福実現党 大川隆法総裁 熊本街宣


[PR]
by happyscience | 2009-08-28 01:33

幸福実現党 大川隆法総裁 高松街宣

<満濃池のような備え>幸福実現党 大川隆法総裁 高松街宣


<公教育の展望>

[PR]
by happyscience | 2009-08-28 01:30

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience