【放射能漏れ】中国人が買い占めていた日本の土地を手放し始めている

4月12日、とうとう福島第一原発の放射能漏れ事故は、その危険度を示す度合いが、最高である「レベル7」に引き上げられた。これに並ぶのは、もはや1986年のチェルノブイリ原発事故しか存在しないため、「過去最悪レベルの原発事故」と認定された形だ。

海外でもこのニュースは速報として伝えられ、さらに注目が高まっている。そんななか、こうした報道が思わぬ影響を及ぼしている問題がある。

「震災前までは、日本の山林を中国人が買い漁っていたという報道がよくされていましたよね。彼らの目的は日本のキレイな水を得るための水源と、将来的にCO2(二酸化炭素)の排出権を売買するための森林を得ることでした」(農林水産省のキャリア官僚・T氏)

昨年末に報道された、中国人による日本の土地買い占め問題のことだ。具体的に対象となっていたのは、北海道や富士山周辺など自然が多い地域。しかし、そんな中国人たちが、震災後の放射能汚染問題により、その土地を手放し始めているという。前出のT氏が、こう証言する。

「今回の原発事故で、日本中が放射能に汚染されてしまうかのような誤解をする中国人が増えた。そして、彼らは売却を始めたのです」

日本ではあまり取り上げられないが、水は一大ビジネスとして将来的には100兆円以上の市場規模を持つとされ、各国の利権争いが激化している。中国人による日本の土地買い占めもこうした需要を見込んでの行動と見られ、農林水産省は危機感を抱いていたという。

これも風評被害の一端なのかもしれないが、日本のためには結果、良かったのかもしれない。
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/04/13/3963/
中国人のよる買占めがなくなるというのは、喜ばしいのかもしれないが、一方、ドラッカー霊によると「(中国に)どんどん日本に投資させなさい」とも言っている。なぜなら、投資したところを粗末にはしないからだ。その投資によって、日本を発展させるとも云っている。

今の放射能事故としては、レベル7の最高ランクであるが、いまのところ、放射能汚染で本当に危険な地域は、限定的。あえて政府、マスコミ風評というが、日本の政府の放射能漏れの発表の仕方や、マスコミ報道の仕方で経済不況を作り続け、投資先としての、日本の魅力を消失させているということを見逃してはならない。まさに、貧乏神、祟り神政権だ。

今こそ、大胆な未来創造型の日本列島改造論打ち立て、世界の投資を呼び込む時だ。地球神エル・カンターレ降臨の国としてふさわしい国造りを!

[PR]
by happyscience | 2011-04-14 21:45 | 最新情報

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧