【NEWS】「幸福実現」の大江参議、入党後初めて公式の場に

(わかやま新報Daily News)
c0190267_23232676.jpg 宗教法人「幸福の科学」(大川隆法総裁) を母体とする政治団体、幸福実現党へ入党した大江康弘参院議員 (57) が6日、和歌山市のモンティグレ (ダイワロイネットホテル和歌山) で行われた党県本部の公開セミナーに出席し、約200人を前にあいさつした。大江氏が入党後に公の場に姿を現すのは初めて。

大江氏は入党に至った経緯について、「既製の政党では日本はだめになるという思いがあった」とし、大川総裁と政策や価値観が一致したことなどを理由に挙げた。 そして民主党政権について、 「歴史を否定したり、政治が決断できないなど、国が滅びていく症状が出ている」と警告し、「今後、手当てをしていく必要がある」と語気を強めた。

また、菅直人総裁になったことで、「政策が幸福実現党と対立しており、有権者には訴えやすい。 受け入れられるのでは」と述べ、参院選については「今は (議員が) 一人で寂しい。仲間を増やせるよう皆さんと力を合わせていきたい」とした。

[PR]
by happyscience | 2010-06-07 23:22

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧