幕末の志士たちの近況 ―坂本龍馬の霊言―



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
坂本龍馬(1835~1867)
土佐出身の幕末の志士。
1985年12月30日の霊示

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大川(坂本龍馬の招霊を行う)

坂本龍馬 龍馬だ。

質問者  坂本龍馬様ですか。

坂本龍馬 そう。

質問者  本日は突然にお招きいたしました。

坂本龍馬 ほんに突然じゃ。




c0190267_1283431.jpg質問者  あなたは明治維新の先駆者であり、私たちには、かねてから、あなたのお話をお伺いしたいという思いがありました。私たちがいま企図している精神革命運動に、あなたのご支援が得られれば幸いに存じます。

坂本龍馬 わしに「しゃべれ」というなら、しゃべろう。「何か一言」といやあ、言わんでもない。
 
質問者  あなたと同時代の方の一人に勝海舟さんがおられますが、あの方はあなたの先生であったこともあるのですね。
 
坂本龍馬 先生と言やあ先生じゃけど、いまは先生じゃあないわな。
 
質問者  それから、木戸孝允さんは往時には桂小五郎と言われていたのですね。
 
坂本龍馬 うんうん、桂小五郎さんね。はいはい。
 
質問者  それから、岩倉具視さん。

坂本龍馬 具視さんね。はいはい。
 
質問者  それから西郷さん。

坂本龍馬 西郷ね。

質問者  こういう方々は同じ所においでになるのですか。

坂本龍馬 そうね、勝さんとはいまもよく話しているよ。友達付き合いやってもらっているよ。まあ、仲間だな。
木戸さんは、ちょっと、偉いんだ、おれたちより。ちょっと、格式が高いわけだ。ちょっと立派な任務に就かれているような感じだな。
 
質問者  岩倉さんはどうですか。

坂本龍馬 岩倉は、おれの口から言うのもあれだが、ちょっと落ちるな。おれたちのいる所にいないな。でも、そう悪くはないよ。立派な人間だと思うな。

質問者  吉田松陰さんはどうですか。

坂本龍馬 ああ、この人は立派な方ね。住んでる所は私たちの近所だけれどな。立派な人だよ。私ら、勝さんも併せて、この松陰先生には、いまでも教えを乞うていますよ。教えてもらっていますよ。頭のいい人だからね。日本一の秀才だね、この人。いまで言やあ、そうだなあ、東大の総長より頭がいいんじゃないかな。ずっと頭のいい方だと思うよ。

質問者  佐久間象山さんはどうですか。

坂本龍馬 ああ、象山さん、象山さんもいるよ。ああ、いる、いる。

質問者  あなたと同藩であった武市半平太さんは…。

坂本龍馬 半平太、あれはどこにいるのかな、会わんが。
 
質問者  大久保利通さんは…。

坂本龍馬 ああ、あれはあっちだ。あっちの方向だ。

質問者  西郷さんは…。

坂本龍馬 西郷さんという人は、ちょっと反省中だな。もともと偉い人なんだよ。偉い人なんだけど、ちょっと情に弱いところがあってな、生きていたときに、だいぶ情に流されて、違ったことをやってしまったからな。

質問者  最後にちょっと方向を誤ったようですね。

坂本龍馬 そういうことでな。彼自身は悪くないのだけれど、彼は情の深い人だから、それで、どうしても引っ張られたということもあるんだけれどもな。いまのところ、いろんなことの反省中だな。そういうこった。

質問者  あの当時、あなたがたのうちで、いちばん進んだ考えを持っておられた方といえば、どなたでしょうか。

坂本龍馬 よう知らんが、いま、おれたちの世界では、福沢さんなんか、偉い人だと言われているよ。

質問者  高杉晋作さんはどうされていますか。

坂本龍馬 ああ、これはちょっとまずいことになっているな。彼も優秀な人なんだけどな。
けど、死んですぐどこへ行くかによって、その人が偉い偉くないが決まるもんではないぞ。やっぱり、世の中の役に立った人間はいっぱいいるんだ。役に立ったもんはいるんだけどな、やっぱり、ちょっと迷ったり、ちょっと失敗したりして、死後、いろんな所にいる人もいるけど、それが本来のその人じゃないし、死んですぐに、真っすぐに、偉い所へ行けなくとも、立派な人はいっぱいいる。それを間違ってはいけない。そういうことをしてでも、やはり、やらにゃならんことっていうこと、いっぱいあるわけだ。

[PR]
by happyscience | 2010-01-04 23:11

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧