地球温暖化問題 温暖化データ改ざん示すメールが流出

英米の研究者らが、地球が温暖化していることを示すデータをねつ造したとされる騒ぎが拡大している。国連が取り組む京都議定書後の枠組みにも、影響を及ぼしかねない事態。もし本当なら、温室ガス25%削減などの民主党政策も、見直しが迫られかねない。

温暖化データねつ造疑惑は、英米のメディアで、「クライメートゲート事件」と呼ばれている。そのインパクトの強さから、米ウォーターゲート事件をなぞらえたもの。このときは、新聞がスクープしたが、今回は、ネットが主役となっている。

 きっかけは、データがネット上で2009年11月中旬、匿名の誰かによって公開されたことだった。報道によると、流出したのは、温暖化研究の世界的拠点である英イースト・アングリア大学の気候研究ユニットCRUのデータ。1996~2009年の1000通以上の電子メール、3000以上の文書が含まれていた。CRUのコンピューターにハッカーが侵入して、これらが盗まれてしまったという。

CRUの研究は、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、報告書で「温暖化は人為的な可能性が強い」と結論づける有力な根拠になったとされる。ところが、CRUのフィル・ジョーンズ所長が1999年、メールで60~70年代の平均気温低下をあるトリックでごまかしたなどと明かしていたというのだ。

そのトリックとは、温暖化議論の先駆けとなる「ホッケースティック曲線」と同様なものだったという。80年代以降の平均気温上昇を過大に見せるという手口だ。メールのあて先は、この曲線を編み出した米ペンシルベニア州立大のマイケル・マン教授らだった。

これが本当なら、地球温暖化とは何だったのか、ということにもなりかねない。もっとも、温暖化懐疑論が保守派などに根強いだけに、懐疑論者による陰謀ではないかとのうわさも流れている。京都議定書後を考える国連の気候変動枠組条約会議(COP15)が09年12月7日から始まったことも、その背景にあるようだ。

地球温暖化問題は、無批判に温室効果ガス削減25%目標を掲げ、具体的な対策に取り組もうとしている。問題解決の第一として、ゼロベースで考える必要があるのだが、無前提に温暖化を事実とし、その対策に取り組もうとしている。

この思考パターンは、郵政や高速道路の民営化などに見られる。民営化を目標に始まったが、そもそも、本当に必要なものなのか。あるいは、高速道路も民営化されているが、高速道路の財団は、時限立法で20年で廃止するという法律もあった。そもそも、民営化する必要があるのかという前提の議論をすっとばしている。

本質的な問題点を議論することなく、思い込みによるものか、利権が絡んでいるのか、勝手に方向性を決めて、突っ走る。これでは、問題解決することなく、さらに、深みにはまることになってしまう。

もう一度、ここで、温暖化が事実であるのかどうか、検証すべきである。

[PR]
by happyscience | 2009-12-10 13:35

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧