法話要旨「反省と救いの光について」

超・絶対健康法
超・絶対健康法
posted with amazlet at 09.11.17
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 81546

動物霊が、常時、憑いていると、まず、幽体の一部に影がさしてきて、その部分に病変が起きてきます。

幽体は、肉体とそっくりの形で、すっぽりと入っていますが、この部分に影がさしてくると、次に肉体の具合が悪くなってくるのです。

幸福の科学で修行をしていると、このたぐいのものは、比較的早いうちに浮き上がってきて、反応が出始めます。

『正心法語』のCDは全編で30分くらいの長さですが、それをかけただけで、たいていの動物霊や悪霊は憑いていられなくなるはずです。

基本の形式としては、仏陀への信仰を立て、そして、自らに間違いがあったならば反省をすることです。反省によって、その罪の部分が晴れ、天上界から光が入ってくるのです。

そうすると、憑いている悪霊などが取れてきて、健康で幸福な毎日を送れるようになるのです。

原則として、信仰を立てて反省をすれば、病気は治るはずなのです。よほどのものでないかぎり、たいていは治るので、医者が、「絶対に治らない」と言っても、話し半分に聴いて下さい。

それは、「唯物論的には治らない」と言っているだけであり、信仰心によって異次元の力が加われば、治るようになるのです。

ただ、基本的には、「毎日毎日を、健康で幸福に生きていること自体が、本当は最大の奇跡である」ということを、どうか、忘れないでください。

その意味で、感謝をベースにして生きていくことが大事であると思います。
(2008年10月19日 岐阜支部精舎にて)

[PR]
by happyscience | 2009-11-17 11:52

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧