あの世の世界は、どうなっているのですか?

霊的世界のほんとうの話。―スピリチュアル幸福生活
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 36921
あの世はこの世と共存している

あの世、つまり霊界についての概観を述べましょう。
霊界といっても、もちろん、いろいろありますが、大きな意味で言うならば、この地球世界を去った世界、すなわち、肉体が死したあと、魂とも言うべきものが赴く所ということになりましょう。

ただ、ここで大事なことは、「雲の上の世界とか、そういう所に霊界があるように思ってほしくない」ということです。「実は、私たちが生きている、この空間のなかに、霊界もまた存在するのだ」ということを知っていただきたいのです。

もちろん、霊界についての説明では、「何段階にも分かれていて、上下の差がある」と言われています。また、「高級霊界は、地上から何千メートルや何万メートルもの上空にある感じだ」と言われています。

しかし、それは、あくまでも、「比喩を使って、地上にいる人間に分かるような範囲で説明すれば、そのようになる」ということであって、霊界の霊界たるゆえんは、実は、「この物質世界と共存している」というところにあるのです。

したがって、「霊界は、遥かなる彼方にあるものではなく、私たちが住んでいる世界に同時にある」と考えていただきたいのです。

それは、ちょうど、この世界に、目に見えない電波が飛び交っていることと、よく似ています。

例えば、テレビの各チャンネルには、いろいろな映像が映ります。その映像相応の電波が、この地上を飛び交っているのです。

同じように、霊界も、言ってみれば、そういう電波の世界のようなものであり、波長、周波数が違うから、異なる世界をつくっているだけであって、実際は、まったく別な所にあるわけではないのです。

つまり、テレビのチャンネルのように、その波長を受信する装置があれば、あるときには地獄界という世界が映り、あるときには天上界が映り、あるときには高級霊界の景色が映ることになりましょう。


あの世は多次元の世界で成り立っている

この霊界に関する、幸福の科学の考え方で大事なことは、「次元」という概念を明確に打ち出していることだと思います。

物理学の世界や数学の世界においては、「この地球を取り巻く環境のなかには、私たちが住んでいる、『縦・横・高さ』によって成り立っている三次元世界以外に、『縦・横・高さ』に『時間』を加えた、『縦・横・高さ・時間』の四本の座標軸から成る、四次元空間というものがある」ということが分かっています。

また、これ以上の世界として、五次元、六次元、七次元、八次元、九次元という世界が存在することも分かっています。

ただ、そういうものが科学的に理論としては分かっても、「それは、実際には、どのような世界なのか」ということが明確には分かっていないのです。

こういう現状に接するにつけ、私は、さまざまな霊界研究を続けてきましたが、どうやら、この物理学の次元構造に該当する世界があることが明らかになってきました。

四次元といわれる世界は、人間が死後に赴く所、すなわち、「幽界」という世界であり、この幽界世界のなかには、その下層部に「地獄界」という世界があり、その上層部に「善人界」ともいうべき世界があります。これが五次元世界です。ここは、心根の良い人、善人たちが住んでいる世界です。

この上の六次元には、「光明界」という世界があります。ここには、神に近い人たちが住んでいて、このなかの優れた人たちは、地上の人々から神として祀られることもあります。ここは各界の専門家が集っている世界です。また、諸天善神といわれる人たちが住んでいる世界でもあります。

この光明界の上の世界が、よく仏教的には「菩薩界」といわれている世界です。ここは、人助けを中心に生きている人たちの世界です。愛の行為の実践に生きている人たちと言ってもよいでしょう。

自分のことについては、もう煩うことが少なく、「多くの人々を救う。多くの人々を導く」ということを中心に生きている人たち、このような愛の塊の人たちが、この七次元の菩薩界にいます。

八次元には、「如来界」という世界があります。ここは、言ってみれば、世界的な宗教の教祖や大思想家、大政治家など、その時代の中心人物となって歴史をつくってきたような人たちが住んでいる世界です。

そして、人霊が住んでいる最上段階として、九次元に「宇宙界」というものがあります。この世界には大如来とも言うべき人たちが住んでいます。

これは救世主の世界ともいわれます。釈尊、イエス、モーセなどの世界です。すなわち、「根源的な思想を説き、何千年に一回、大きな文明を起こすために地上に出てくるような人たちの住んでいる世界である」と言えましょう。

こういう次元構造についての説明は、私の理論書である『太陽の法』の第1章や『永遠の法』では、各章に各次元世界を取り上げ、第1章「四次元の世界」、第2章「五次元の世界」というかたちで詳しく論述してあるので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。
今日は、寒い朝でしたね。スキー場のゲレンデが白くなってました。ちょっと、こちらでは、早い冠雪でした。
さて、ここ最近、『霊界世界のほんとうの話。』を連載しているのですが、ブログに書き込んでいると、色々、気づきが多いです。「あれ、こんなこと書いてあった!?」とか、「あ~、こういうこと!」みたいに、すごく勉強になります。ブログ版の写経でしょうか。読書瞑想と同じような効果で、心の波動が落ち着いてきますし、光が降ってきて、体がポカポカと暖かくなってきます。ちょっと、疲れたなというときには、ブログ版、写経もいいですね。


【関連書籍】
太陽の法―エル・カンターレへの道
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 12457
おすすめ度の平均: 5.0
5 新しい時代の聖書です
5 The MOST IMPORTANT book in my life
5 こんな壮大な本見たことない
5 自分の価値基準がかわります
5 最高の宗教書かも


永遠の法―エル・カンターレの世界観
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 6013
おすすめ度の平均: 5.0
5 基本三書のひとつ
5 「あの世とはどういう世界か?」を真に知ることができます♪


[PR]
by happyscience | 2009-11-05 01:22

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧