霊になっても、おなかがすいたり、睡眠をとったりするのですか?

霊的世界のほんとうの話。―スピリチュアル幸福生活
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 36921
あの世においては、本来、食欲はない

死んで、あの世に還ったならば、肉体がないので、食べ物を食べる必要はありません。

四次元や五次元では、一部、食事をする習慣もありますが、それは、食べている気分を味わっているだけであって、ほんとうに食べ物を食べているわけではありません。

人を接客したり、人と話をしたりするときに、何かないとさびしいので、食べたり飲んだりする格好をすることはありますが、それで実際に満腹になるわけではないのです。

すなわち、この世の三大欲の一つである食欲は、あの世では、実際には存在しないのと同じなのです。

あの世でのエネルギー源は霊界の霊太陽そのものです。あの世の霊は、霊太陽から来るエネルギー、霊的なエネルギーで生きています。

したがって、この世の大きな欲望である食欲は、本来、あの世にはありません。


あの世の霊人は、一日中、活動している

次に、睡眠欲について述べると、睡眠は人間にとって一日に八時間ぐらいは欲しいところです。

ただ、あの世の霊人は寝ることがありません。あの世は、一日中、昼間なので、寝ることはないのです。

もちろん、気分として"体を休める"ということはありますが、睡眠自体を取ることは、あの世では、もうありません。

地獄界は、いつも夜かもしれませんが、天上界は、いつも昼間です。そのため、天上界の霊人たちは、気分として、くつろぐことはあっても、寝ることはないのです。

食欲や睡眠欲は、肉体のあるうちは、消すことができませんが、肉体を失ったときには、本来、なくなるものなのです。

その欲望が死後も延々と続くようであれば、「その霊は、霊と肉体の主従が引っ繰り返っているか、『肉体しかない』と考えている」と見てよいでしょう。

【関連書籍】
永遠の生命の世界―人は死んだらどうなるか
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 160836


神秘の法―次元の壁を超えて
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 320207

[PR]
by happyscience | 2009-11-03 08:51

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧