死後、肉体を離れると、どういう経験をしますか?

霊的世界のほんとうの話。―スピリチュアル幸福生活
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 36921
死後3週間ぐらいは、この世をうろうろしている

死者の霊は、49日ぐらいまでには、この世を去らなければいけません。ほんとうは、死後21日ぐらい、3週間ぐらいしたら、もう、この世で、あまりうろうろしてはいけないことになっています。長く見ても49日ぐらいまででしょうか。

それまでは、しばらく、“放し飼い”にされているというか、あの世にまだ完全には行けず、この世とあの世を行ったり来たりしているような状態で、ふらふらしていて、この世の、いろいろな人のことを見ています。

「自分が死んだあと、葬式をどうしているか」ということから始まって、「財産分けをどうしているか」「会社の事業がどうなっているか」「子供たちは、けんかをしていないか」「妻が浮気をしていないか」など、いろいろなことが気になって、二ヶ月弱ぐらいは、けっこう、この世をうろうろしているのです。

しかし、そのあたりで、「もう、いいかげんにしなさい」と言われます。

実は、死んだときに、導きの霊が来て、いったん、あの世に連れていかれるのですが、やはり、この世に戻ってきます。しばらくは、勉強のため、あの世とこの世の違いを学ぶために、この世にいられるのです。

やがて、日がたってきて、ある程度の期間が過ぎると、だいたい、霊体として、この世の物質的なものが少しずつ落ちてきます。それで、「そろそろ行こうではないか」と言われて、あの世に行くのです。

三途の川を渡る

そして、よく言う「三途の川」のあたりに来て、それを渡ると、本格的な死者になります。「精霊界」と言ってもよいし、「幽界」と言ってもよいのですが、まず、霊界の入り口に入るのです。

三途の川の向こうでは、たいていの場合、菜の花など、きれいな花がたくさん咲いています。それから、昔の身内や友人など、いろいろな人が迎えに来ます。

そのため、最初は「天国に来た」と錯覚するのですが、勘違いしてはいけないのは、「最初に行く所は、天国ではない。まだ、天国・地獄をふるい分ける前の世界である」ということです。

生前の反省を通して、あの世での行く先が決まる

そういう、まだ自分の行く先が分からない所で、しばらく霊的生活をして、生前の反省をします。

その際、生前のことを、いろいろと映画のように見せられることもありますし、指導霊が来て、一個一個、確認することもあります。

今は、この世に映像というものがあるので、あの世でも、映画のようなかたちで見ることもありますし、そうではなく、鏡のようなもので見ることもあります。

よく「閻魔帳」と言いますが、昔、映像というものへの理解が少なかった時代には、生前にやったことが全部書かれている手帳のようなものが出たりすることも報告されています。

膨大な『霊界著述』を遺したスウェーデンボルグ(1688~1772)の報告によれば、彼は霊界で次のような場面を見たことがあるそうです。

ある精霊が、生前の反省をする場面に臨みました。その人は、生前は賄賂を取って不正行為をしていて、その詳細をメモ帳に書きとめていました。

検査の霊が、その精霊の顔など全身を見つめていると、生前のメモ帳がポーンと地中から出てきて、精霊の足下で、パラパラ、パラパラとページがめくれていき、「その人の過去の罪状がどうだったか」ということが、他の精霊たちにも分かってしまったのです。

しかも、それには、その人が生前は忘れていたことまで詳しく書かれていました。その人の生前の思いと行為が、たくさん書かれていて、パラパラとめくれているうちに、「こういうことを考えて、こういうことをした」ということが、すべて分かってしまったのです。

自分がメモ帳に書いていなかったことまで書いてあるので、それが本人には驚きであり、ショックであるわけです。

昔は、そういうかたちで過去が見える場合もあったようです。過去の自分の思いや行いを反省するときに、書いたもので出てくることもあるのです。

しかし、映画や鏡などの視覚的なもの、目で見えるものが、やはり多いことは多いのです。

そのようにして反省をし、あの世でも行く先が決まってくるわけです。
映画『仏陀再誕』のなかで自殺した金本記者が裁判にかけられている場面がありました。ここなども、あの世の行先を決めるところでしょう。

特に、唯物論で生き、死後、自分が霊的存在になっていることを説明されても、まったく、信じられない状態であった金本記者は、生前の思いと行いの映像を見るまでもなく、地獄へ吸い込まれていきました。

「仏陀が再誕している時代というのに…。」と云う霊界の裁判官の言葉の重さを実感します。

人の死は、いつ来るかは、わかりませんが、必ず訪れるものです。死後、後悔する前に、生前に仏法真理を学び、仏法真理に基づいて思いと行いを反省することの重要さを実感させてくれます。

【関連書籍】
仏陀再誕―縁生の弟子たちへのメッセージ
大川 隆法
幸福の科学出版
売り上げランキング: 85265
おすすめ度の平均: 5.0
5 釈迦の説法が再び蘇る奇跡の書
5 人生の手引書に

エマニュエル・スウェデンボルグの霊界〈1〉死後の世界は実在する
エマニュエル スウェデンボルグ
中央アート出版社
売り上げランキング: 19766


[PR]
by happyscience | 2009-11-02 02:03

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧