8月までの自殺者2万2362人、過去最悪に迫る勢い

今年1月から8月までの全国の自殺者数が、昨年同期よりも971人(4.5%)多い2万2362人に上ったことが28日、警視庁のまとめで分かった。共同通信が伝えた。

自殺者のうち男性は1万6008人、女性は6354人。8月の自殺者は昨年同月よりも66人多い2497人だった。

1月から8月まですべての月で昨年を上回っており、1978年の統計開始以来、過去最悪だった03年の3万4427人に迫る勢いとなっている。

c0190267_23151942.jpg自殺した人は、
死後、どうなるのか。

地縛霊になるか、地獄に堕ちるか

答えは、「100%、地獄へ行く」ということはなく、「地獄、もしくは地獄以前の段階にいることが多い」ということです。

なかには、地獄まで行っている人もいますが、地獄以前の段階で、自分が死んだことが分からずに、地上に執着して、地上の人と同じように生活している人や、地縛霊となって、自分が死んだ場所などに漂っている人が、数多くいるのです。

そのように、この世の人や物にまだ引っかかっていて、地獄に堕ちることさえできない人たちがいるわけです。

もちろん、地獄に行けば、苦しみは、よりはっきりと出てきますが、そこまで行けない人が多いのです。

では、自殺者は絶対に天国に行けないのかといえば、そうでもありません。

例えば、歴史上の人物では、西郷隆盛も、自刃しているので、自殺は自殺でしょう。あるいは、乃木大将の殉死も、やはり、自殺でしょう。しかし、彼らは地獄へ行っているわけではありません。死んだ当時は苦しみがあったでしょうが、その後は、きちんと天上界に還っており、神々の一人になっています。

彼らが地獄に堕ちなかったのは、「生きていたときに、澄み切った心を持っていた」ということもあるでしょうし、「数多くの人から敬愛されていた」ということも大きかったと思います。そういう別種の原理が働く場合も、ないわけではないのです。

この世からの逃避として自殺した場合、天国に還ることは非常に難しい

しかし、たいていの場合、すなわち、この世からの逃避として自殺するような場合には、天国に行くことはまれであり、ほとんどないと考えてよいでしょう。

特に、真実の世界のことを知らずに死んだ場合には、天国に還ることは非常に難しいですし、そういう人は、天使たちが行って説得しても、受け入れないのです。

「この世において、他の人の説得を受け入れなかったような人は、あの世においても、やはり、それを受け入れることはできない」というのが実相です。
c0190267_23471499.jpg
(宗)幸福の科学 自殺防止サイト「WITH YOU」
幸福の科学 大川隆法総裁の説く教えに基づいて、“挫折や困難を乗りこえる知恵”や“生きるヒント”をご紹介しています。

[PR]
by happyscience | 2009-09-29 23:32

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧