G20サミットに先駆け、G20信仰指導者サミット開催

c0190267_1262080.jpg
24日から米ピッツバーグで行われる20カ国・地域(G20)首脳会議(ピッツバーグ・サミット)に先駆け、G20信仰指導者サミットが22日と23日、「世界にパンを(Bread of the World)」その他宗教団体の提携により開催された。信仰指導者サミットでは、キリスト教プロテスタント、カトリック、ユダヤ教、イスラム教など30以上の宗教団体指導者らが集い、ピッツバーグ・サミットにおいて世界の貧困問題解決により焦点を当て、具体的な解決策を模索することを促した。

宗教指導者らは、ピッツバーグ・サミットにおける貧困問題対策の位置づけが他の主要課題よりも低く置かれていることを指摘し、各国首脳に対し、「モラル・クライシス」を訴えることが責務であると考えている。

[CHRISTIAN TODAY]貧困問題解決により焦点を G20信仰指導者サミット
日本のマスメディアでは、扱っていませんでしたが、G20サミットに先駆け、G20信仰指導者サミットが開催されました。このサミットに、日本からの宗教指導者が参加したかどうか不明です。

貧困問題について、政治的な面からの解決が重要だとは思いますが、宗教の立場からも解決すべきことは、多くあるでしょう。宗教のテーマとして、貧・病・争は、主要なテーマの一つですが、このあたりについて、各国の宗教指導者とも意見できる機会を持ちたいものです。

20ヵ国の宗教指導者が集まると、意見もまとまりにくいと思いますが、グローバルな問題を抱える時代であるからこそ、幸福の科学の地球的仏法真理の教えが望まれます。

[PR]
by happyscience | 2009-09-28 01:22

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧