幸福実現党 大川隆法総裁の衆院選出馬表明

<2009.7.22講演会「国益とは何か」より> 
幸福実現党の人数の多さ、この国への責任の重さ、そういったものを考えた上で、
幸福実現党の創設者として、自らも責任を取るべきと考え、幸福実現党の総裁に就任した。
大川 きょう子党首は、今まで通り、党首として業務を維持。
そして、政権担当能力を増すために、幸福実現党の総裁として、衆院選に立候補する。
立候補の予定は東京比例。
世間の人々やマスコミの方々の心配は、「政権担当能力が、はたして本当にあるのかどうか」
というところではないだろうか? 
私は宗教家ではあるが、自分で法律を書くぐらいの能力があり、政策を立てる能力もある。
そして、国際情勢を分析する能力や、実社会では、教団の運営も含めて、
その前は、財務や金融が仕事の専門であった。
そういった意味で、今、この国において必要とされる能力を持っていると自負している。


[PR]
by happyscience | 2009-07-24 21:22

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧