幸福実現党 創立者 大川隆法 「最後は信仰をとれ」 抜粋

本日の大川隆法総裁の説法を賜りました。主のご慈悲に心より感謝いたします。
(以下「幸福実現党チャンネル」より)

大川きょう子党首は、20年以上かかって、教団を一緒につくっていく過程で、マネージメントとか、国政に関する勉強をしてきた。北朝鮮の核実験など、大きなことに対応し、 将来の国難に備えるべき時であるが、首相や民主党党首は、目先のことにとらわれている 。今までは、社会問題の発言を行ってきた。既成政党と通して意見を実現しようとした。 ザ・リバティという雑誌や、信者となった議員を通して、政策などを発言してきたが、新しい道をひらくときが来たのではないか。


[PR]
by happyscience | 2009-07-09 20:52

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧