【You Tube】幸福実現党 岐阜県立候補者記者会見



ここ数日は、記者会見が各地で行われているため、地方局での報道は多くされるようになりました。

しかしながら、全国的なメディアでの報道は、毎日と産経のネット上で報道されておりますが、他の全国規模のメディアでは、一切されていないようです。

幸福実現党の記者会見の様子がある地方紙に写真入りで報道されたと紹介されているブログがありましたが、あたりまえのことが、報道されていないのが、いまのメディアの問題点です。ファクトベースで伝えればいいことです。

特に、個人的には、NHKを見たいとも思わないのに、受信料を強制的に徴収し、事実を伝えることさえしない。ゆるしがたいメディアです。

私は、ニュースに関しては、視聴料金を払って、CNNやBCCや日経CNBCやBBTの番組を視聴しています。分析と思考の優れた専門家、コンサルタントの考えを収集にいくので、能天気なNHKをいいかげんにやめたいのです。

時代は、変わっているのに戦後のメディアのない時代のままで、放送し続けている感じがします。制作は、民間にほとんで丸投げして楽していませんか?そうすると、NHKの必要性がどこにあるのか、ということになります。

民放の放送に関しては、見なければいいだけです。視聴率がおちれば、広告主もいなくなるので、必然的に消滅します。ネットで見た広告だけに課金する広告などにシフトしている時代に、馬鹿げた広告費を惜しげもなく出すとこなんて、某キャリアたちくらいですよ。

今は、ネットで検索をかければ、日本のメディアが報道している程度のニュースは、知ることはできる時代なので、もっと、分析と思考を深めた付加価値のある報道ができないと見切られます。

だから、自分の軸をもった編集などの経験を積んだブロガーという人たちがネット上でメディア以上の影響力をもっているわけです。

海外に記者を派遣し、独自で取材し、独自の思考の軸をもって報道しないと、CNNとBCCのコピペ報道なら、CNNとBCCを直接に見る方が、純粋でタイムリーで片よりが少ないと思いませんか。

影響力のあるメディアですから、国の将来を考える姿勢があれば、報道のあり方をよく考えてほしいと思います。

[PR]
by happyscience | 2009-06-14 22:54

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧