『仏陀再誕』 講義  -仏教と仏教学-

c0190267_042118.jpgこんにちは!今日は、「仏陀再誕」講義を紐解いてみました。この講義は、1992年2月愛知県にて中部特別セミナーとして講義されたものです。

『仏陀再誕』(幸福の科学出版刊)について、「この本1冊をしっかりマスターし、理解して実践できたら、天国には還れますよ」と冒頭に強調されています。

よくよく考えてみますと、1冊をマスターしたら実際に天国に還れるという書物があるでしょうか。幸福の科学の書籍は、書店で一般書と同様に購入できるので、ふつうの書物と同じように思ってしまいがちです。

しかし、かつて釈迦の説法が編纂された経典は、手に入るものではありませんでした。まさに、命がけで入唐求法にて求められたものでした。

現代は、その苦難、困難を経ることなく、手にすることのできる奇跡の時代迎えているわけです。さらに、今年は、映画「仏陀再誕」が公開されることになり、どの時代にもなかったことが起こっているわけです。


世界の人々へ「仏陀再誕」の事実を伝えています。
応援のクリックをよろしくお願い致します。
     ↓     ↓     ↓
070.gif◆幸福をあなたに 地球にユートピアを◆070.gif



仏陀再誕―縁生の弟子たちへのメッセージ
幸福の科学出版
発売日:1994-11
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 釈迦の説法が再び蘇る奇跡の書
おすすめ度5 人生の手引書に

・仏教と仏教学とはイコールではありません。仏教、すなわち、釈迦の教えというものは、『仏陀再誕』のような、やさしいものです。語り言葉で説かれていたものです。

・ですから、この『仏陀再誕』を読んで、仏教にしてはずいぶんわかりやすすぎるので、仏教らしくないという方もなかにはいますが、それは仏教学のことを言っているのです。

・仏教そのものは話し言葉ですから、こういうものなのです。「釈迦が、その時々の場面に合わせて話していた内容を現代風に言い換えると、だいたいこんな風になりますよ」というのが、この本(「仏陀再誕」)の趣旨なのです。

・やさしいということは、決してはずかしいことではなくて、大切なことなのです。教えがやさしいということは、それだけ救済力があるということです。哲学になってしまいますと、人を救う力がなくなっていくのです。

・中学生かあるいは小学生の高学年でもわかるような言葉で書いてありますが、内容自体は、これを理解して実践することは、七十歳の人でもなかなか難しいことなのです。それほど、文字としてはやさしいが、理解することは難しく、実践することはさらに難しい、そのような特徴があります。


【編集後記】
なんか、暖かくなったかと思うと、雪が降って、どうなってんの!?と思いますが、今日は、うちの会社の土手に春が来てましたよ。
c0190267_0545869.jpg会社の人が袋にいっぱい取っていて、油で揚げて食べるんだとか言ってました。へ~、いまどき、めずらしいね。

家に帰って、家内に土筆がなっていたと話すと、「明日、取ってきて!」と頼まれてしまいました(汗)。

我が家では、佃煮にすると言っています。めんどくさがるかと思ったら、これだからね。

のどかなところなんです!


世界の人々へ「仏陀再誕」の事実を伝えています。
応援のクリックをよろしくお願い致します。
     ↓     ↓     ↓
070.gif◆幸福をあなたに 地球にユートピアを◆070.gif
[PR]
by happyscience | 2009-03-05 01:02

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧