『仏陀再誕』 幸福の道

仏陀再誕―縁生の弟子たちへのメッセージ
幸福の科学出版
発売日:1994-11
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 釈迦の説法が再び蘇る奇跡の書
おすすめ度5 人生の手引書に

現在、大川隆法総裁は、毎週のように精力的にセミナーや巡錫をされておられます。
しかし、セミナーや巡錫が行われていることは、当たり前のことではなく、
時代を経てみると、この時代の人々は、どれほど恵まれていたのかということを、
後世の人々は、思うに違いありません。

仏弟子ならば、一瞬でも、仏陀が生まれた時代に生まれ合わせたかったと思うことでしょう。
ともすると、この世的な価値判断に埋没し、そのありがたさを忘れてしまいます。

自分自身への戒めと、これから集う仏弟子へ念いを込めて
『仏陀再誕』より「幸福の道」を贈ります。


世界の人々へ「仏陀再誕」の事実が伝わりますように。
応援のクリックをよろしくお願い致します。

     ↓     ↓     ↓
070.gif◆幸福をあなたに 地球にユートピアを◆070.gif




「幸福の道」
諸々の比丘、比丘尼たちよ。
よくよく言っておく。
私のこの言葉を憶えておけ。
あなたがたは、仏と同じ時代に生まれることが、
いかほど難しいかということを知っているか。
仏が下生する時代に、生まれ合わせるということは、
これは、たとえようもない幸福であるのだ。
そのような時代に、
そのような地域に、
同世代として生まれ合わせることができた者は、幸いである。
また、生きて仏に相見えることができた者は、また幸いである。
生きて仏に相見え、仏の声を聴き、
仏の姿を見ることができた者は、幸いである。
その幸福は、おそらく幾千万年、幾億年の幸福に匹敵するであろう。

また、仏の世に生を享け、仏の世に仏に巡り合い、
仏の教えを聴き、
そして仏の教えをよすがとし、縁として、
そして悟りに到ること、これまた難し。
そのようなことは、
稀有なる幸福であるということを知らねばならない。
仏と同じ時代に生まれることでさえ、稀有なることであるのだ。
また、生きて仏に相見えることも、稀有なることなのだ。
ましてや、仏に相見えて、悟りを与えられるということは、
さらに稀有なることなのだ。

あなたがたは、こうした大いなる幸福を得るためには、
他の一切が惜しくないという気持ちを持たねばならない。
他のすべてのものを捨ててでも、その道に入らねばならない。
それは、あなたがたが忘れてはならないことなのだ。

この世であなたがたが握っているところの、さまざまな執着は、
これは、地上を去るときにまったく虚しくなる。
そのようなものは持って還れない。
どのようなものであっても、齢百歳を超えるのは難しい。
その時に、持って還れるもの、
地上を去る時に持って還れるものが、いったい何であるかを知れ。
地上を去る時に持って還れるものは、心しかないのだ。

心しか持って還れないならば、
この心を幸福に満たす以外に手だてはないのだ。
心を幸福に満たすには、悟りの喜びを味わうに如くはないのだ。
悟りの喜びを味わい、心幸福ならば、
今世はすなわち成功したと言ってもよい。
その幸福にために、すべてを賭けよ。
(「第6章 転生輪廻とは何か」より)


世界の人々へ「仏陀再誕」の事実が伝わりますように。
応援のクリックをよろしくお願い致します。

     ↓     ↓     ↓
070.gif◆幸福をあなたに 地球にユートピアを◆070.gif
[PR]
by happyscience | 2009-01-27 23:04

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧