速報 『朝の来ない夜はない』セミナー「未来への指針」ダイジェスト版

c0190267_0483894.jpg
『朝の来ない夜はない』セミナーに行ってきました。

大きな論点として3つでしょうか。
 ・オバマ大統領就任演説から感じた2つの印象
 ・今後の日本の政治経済について
 ・経営者、経営管理者、ビジネスパーソンへの指針


以下、ダイジェスト版をアウトプットいたします。
少々、後半は、まとまりがないのですが、ご了承下さいませ。

「仏陀再誕」の事実を伝えています。
応援のクリックをよろしくお願い致します。

     ↓     ↓     ↓
070.gif◆幸福をあなたに 地球にユートピアを◆070.gif




朝の来ない夜はない―「乱気流の時代」を乗り切る指針
幸福の科学出版
発売日:2009-01-21
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 すごい認識力だ!!


2009年 1月25日現在の大川隆法総裁の考え

1、オバマ大統領就任と金融危機、イラク戦争の真実
 就任演説を4回以上見直し、新聞の演説掲載文を5~7回見直した結果、
 恐らく、皆さんとは、見えてきているものが違う

 大統領就任演説で感じとった2つの印象
  ・オバマ大統領は、金融敗戦を認めた
  ・イラク戦争は、実質上、敗戦したことを認めた
    -軍事力においては、負けていなかったが、戦争においては負けた。
    -言論統制、報道管制されている
    -イラクの戦争でのアメリカ兵士の死者は、5000人と言われているが、
     実際は、約7万人と推定
    -イラク人は約100万人亡くなった。米兵士 7万人
   (ベトナム戦争では、米兵5万人が亡くなった。殺したベトナム人は100万人。
      殺されたカンボジア人は200万人それに匹敵する大きな戦争になった)
  ・オバマ大統領は、イラクからの撤収を決め、
   今、パキスタンとアフガニスタンの国境で撤退戦のなかにある
  ・敗戦をうっすらと感じとっている国民に対して、新しい希望の光を立ちあがろうということが言いたかった。もう一度、出直そうではないかというメッセージ。これからのかじ取りは難しい

2、経済的見通し
  米国および世界経済
  ・経済ドリームチームの顔ぶれ、実力の能力を推定し、支持率70~80%程度 
  ・米国内経済は、1年で危機的な状況を脱すると推定している 
  ・世界経済な好況を意味するか、他国の好況を意味するかどうかわからない
   現時点では、油断ならない
  ・チームの人が辣腕を振るうが、オバマ氏自身が根本的に富を憎んでいるものがある
  ・ウォールストリートを中心とする株、富裕者、経済的に豊かな者に対するあまりよくない感情を、そのものをトップが持っている
  ・投資家たちの心理がもうひとつ冷え込んでのは、事実。危機は脱するものの、日本、中国の他国の経済が好況になるものとは、思えない。

  日本はどうであるか 
  ・日本は世界不況の中で、最も傷が浅かった。もっと自信を持っていい
  ・12月から財布の紐がしまっている
  ・この土曜日に麻生総理、メガネ、いくつかの買い物をされた。これは現場を知る大事なこと
  ・発展的な考えを出していくことが、大事
  ・定額給付金2兆円のばらまきの騒動、3年後の消費税の導入と、やや、迷走ぎみ
  ・麻生首相の真意そのものは、連立している公明党から2兆円ばらまきを要請されたもので、やらざるを得ない。本心では反対であるが、反対であることを消費税で示した

  麻生総理守護霊のエピソード
実は、昨日(24日)、麻生総理が銀座に買い物をしている頃、私(大川隆法総裁)は、25日の説法があるので、勉強していたのだが、麻生総理の守護霊がやってきた。

  大川 「ほお、何の御用で?」
  麻生守護霊 「実は、俺も男だ。」
  大川 「わかってます(笑)。女だとは思ってません。」
  麻生守護霊 「解散を見送りばっかりして、非常に悔しい思いをしています。昨年、外交も実績は上げたし、消費税上げるにしても自分の意義を示すことができたので、4月に解散してもいいかい?」
  大川 「好きなようになされたらよいと思いますが、勝ち目はありません。それでよろしければ、どうぞ男であるところを。」

  あとは、むにゃむにゃ言って帰られた

  ・民主党も単独で過半数も取れるとは思いません。
  ・怪しげな連立の構想が2,3度起こる。政権が不安定になる場合は、経済も安定しない
  ・アメリカのマスコミは、100日間はハネムーン期間でバッシングはしない。日本は、100日間バッシングの嵐
  ・日本のマスコミは麻生総理に猛攻をかけたが、以外にしぶといという一定のかすかな敬意を持っている

  政治には大きな期待はしない方がよい  
  ・麻生総理にはプライド、執着があるので勝てない
  ・自分が嫉妬するくらいの人を使わないといけない
  ・オバマ大統領就任後 株価は下がった。
  ・200万人が聞きながら、同時に株安。そう簡単に回復はしない。

3、経営者、ビジネスパーソンへの指針
  経営者、ビジネスマンが心に刻んでいただきたいこと  
  ・経営者の7~8割が不況のせいでつぶれたという
  ・金融機関は、29%は、不況でつぶれたという
  ・不況のせいというのは、本当はない。経営者、経営幹部に90%は原因がある
  ・不況のときこそ、経営が問われる。魚は頭から腐る。トップから腐る
  ・経営者、経営幹部が社員と一丸となってこの不況を乗り切っていこうということが大切
  ・トップの甘い判断がほとんど
  ・すべては経営者の見識の不足であると考えなくてはならない
  ・自らに厳しく、自ら自身を反省し、見つめ直すことが大事
  ・不況のときこそ、真に経営者は腕を磨かれ、会社は強い会社として生まれ変わることができる

  固めるべきは、なんであるか  
  ・まずは、謙虚な心。不況を持って自分を磨く磨石としてもらいたい
  ・会社の弱いところ、自分を含めて、経営幹部の甘いところを鍛えて下さっていると思うこと
  ・国や地方公共団体の財政赤字800兆円以上 
  ・赤字を垂れ流していた会社の体質に対しては、厳しい反省が必要。自らを戒めなければならない。
  ・利益を作ることは、国の発展にためになるし、わが社のためになるということを肝に銘じなければならない。

どのような努力が必要であるか。努力には限りがありません。経営トップというものは、寝食を忘れて、専心、会社の業務に打ち込まなければいけません。多くの従業員達の生活を預かっている。寝ても覚めても、この会社をどうやって立派なものにしていくか、ということを考え続けなければなりません。

そして人々を使っていかなくてはなりません。その会社に縁があって入った人たちに、夢と希望と未来を感じさせるということをトップ自らが高い目標を持って、胸に抱いてチャレンジしていくことが非常に大事です。

そういう精神のないトップの元にいる従業員は不幸です。あまりそういうのが長いようだったら、会社を変わるべきです。もっと、志のある人のところに転職すべきです。従業員も自分の目を光らせて、時代を見て「これからの生き筋は何か」ということを見定めることが必要。

今、必要なのは、強い起業家精神です。アイデアも必要ですが、そのアイデアをグループで研究し、組織化し、押し広げていこうとするそういう努力が必要です。単なる発明だけでは駄目で、起業家精神を発揮して大きなものにしていこうと強く願うことが大事です。そうであってこそ、危機を突破できる。

不況のせいで会社がつぶれようと思わず、人材を選別し、投資すべき人材を教育し、自らをも教育投資することが大事。マクロ的にいえば、ケインズ経済学の間違いに気づくべきだ。先のニューディール政策は、緊急避難の経済学です。常時それをやったら、モルヒネのように麻薬を打ち続けているみたいなもので、考えを改めるべき時がきました。

反対で起業家精神を旺盛にして、会社を発展させる、売上を伸ばし、利益を伸ばすということに力を注ぐ人たちを、数多く作るべく鼓舞しなければなりません。そういう社会に変えていかなければなりません。

今年を勇気とチャレンジと希望の年にしていきましょう。ともに頑張りましょう。


「仏陀再誕」の事実を伝えています。
応援のクリックをよろしくお願い致します。

     ↓     ↓     ↓
070.gif◆幸福をあなたに 地球にユートピアを◆070.gif

セミナー関連リンク集
未来ユートピア政治研究会:
幸福の科学 大川隆法総裁 『朝の来ない夜はない』セミナー「未来への指針」
オバマ演説から「神」を削除したメディアの“体質”
[PR]
by happyscience | 2009-01-26 01:00

「この世とあの世を貫く幸福」と「仏国土ユートピア」の実現を!


by happyscience
プロフィールを見る
画像一覧